スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7位に転落したはずの韓国が旅行ランキング1位に返り咲き!? ホテルランキングでは20位中9つが韓国wwww

先日ガジェット通信が報じた韓国の旅行先ランキング記事。2009年~2012年まで独壇場で毎年1位だった韓国が2013年になり、
7位に下がったというもの。その背景には昨年8月の反日デモや韓流ブームが去ったことが挙げられる。1位はハワイとなり2009年以前の
ランキングに戻ったようだ。

しかしそんなランキングを覆すような調査結果が送られてきた。世界最大の旅行予約サイト『エクスペディア』が発表した
人気都市ランキングを見てみると、韓国(ソウル)のランキングが不動の1位なのである。2位以降はハワイ、シンガポール、
台湾、グァム、タイ、と続いており2位以降はあまり変わらないようだ。

それだけでなく、『エクスペディア』が発表したホテルランキングにも注目したい。そちらを見るとランクインしているのは韓国の
ホテルばかりである。20位中9つのホテルが韓国という脅威のランキング。

そのランキングは次の通り。

1位:マリーナ・ベイ・サンズ(シンガポール)
2位:ロッテホテル(韓国 ソウル)
3位:トランプ インターナショナルワイキキビーチウォーク(ハワイ)
4位:セジョンホテル(韓国ソウル)
5位:ロイヤルホテル(韓国ソウル)
6位:グランデ センターポイント スクンビット ターミナル21(タイ)
7位:位ぴすソウル明洞(韓国ソウル)
(以下20位まで)

以上のように、韓国ソウルのホテルが数多くランクインしているのが目立つ。ロッテホテルは私も泊まったことがあるのだが、文句なしの豪華ホテル。しかしほかのホテルが20位以内にランクインするほどかと言うと疑問である。ましてや日本のホテルは2つしかランクインしていないのである。ホテルランキングにドバイが入っていないのがなんとも……。
日本からの旅行者が減っている韓国への旅行者を増やすために、何かしらの力が働いていそうな気もするが……。

7位転落のニュースは先日のガジェット通信の報道後、民放の『とくダネ!』や他社ウェブ媒体でも後追いをしてこの件が拡散。
その直後にこのランキングの発表である。前回の7位のランキングと大きく矛盾しているがどちらが正しいのか?

http://getnews.jp/archives/378450

 

続きを読む
スポンサーサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。