スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球選手「三鷹女子高生はハメどりしてたし殺されても自業自得」 → もちろん炎上(自業自得)

【ギュ~ちゃんのお仕事前のタメになるひとりごとヽ(・∀・)ノ Vol. 12】

何の事件か伏せるにせよTVで報じられないあんな画像が流出してたら『可哀想』とは1ミリも思わん。
『可愛いふりしてやる事やってんじゃん』て事。今回のそれは【なるべくしてなった】‥自業自得だヽ(・∀・)ノ

プロ野球選手「三鷹女子高生はハメどりしてたし殺されても自業自得」

http://twitter.com/kobe_takumi55/status/388087835825156096

 

続きを読む
スポンサーサイト

【サッカー】2015年 2ステージ制へ Jリーグ理事会が正式決定 \(^o^)/オワタ

15年に再び2ステージ制 Jリーグ、理事会決定
共同通信2013年9月17日 18:58

Jリーグは17日、東京都内で理事会を開き、
2015年シーズンにJ1の大会方式を変更して前後期の2ステージ制を導入することを決めた。
年間優勝を争うポストシーズンも取り入れ、
年間最多勝ち点クラブなど最大5チームが出場する。2ステージ制は04年以来の復活となる。

大会方式の変更は、入場者数の回復とスポンサー料や放送権料などの収入増が狙いだった。
ポストシーズンは、前後期上位2位のクラブが出場するスーパーステージの勝者と最多勝ち点クラブが、年間優勝を懸けたチャンピオンシップで対戦する。J2へは年間勝ち点の少ない3クラブが降格する。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/headlines/article/20130917-00000034-kyodo_sp

 

続きを読む

高校バレー部顧問の暴力行為動画が公開され祭りに

ケンコバ似の顧問がバレー部生徒を連続ビンタ
http://www.mobypicture.com/user/Hrk_fr/view/15970245
ミラー
http://www.liveleak.com/view?i=259_1379326744

 

正座させた生徒をバットでタコ殴り
http://www.mobypicture.com/user/Hrk_fr/view/15970391
ミラー
http://www.liveleak.com/view?i=259_1379326744

1/2倍速

 

続きを読む

「目先の金を選んだJリーグより 打球が良く飛ぶプロ野球!」 2ステージ制移行に浦和サポ怒りの弾幕!

64 名前:名無しさん@恐縮です 投稿日:2013/09/14(土) 20:39:27.96 ID:h7FsPOVo0

 

続きを読む

サッカーはいつからガッツポーズが禁止になって暴力OKになったんだ? FIFA、暴力行為の韓国代表おとがめなし、イラン監督のガッツポーズには処分

FIFA 暴力行為の韓国代表おとがめなし、イラン監督のガッツポーズには処分

サッカー韓国代表が、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会のアジア最終予選、イラン戦でもめにもめたのは記憶に新しい。
監督同士の舌戦に端を発し、試合終了後は勝利したイラン側が韓国ベンチを「挑発」、怒った韓国スタッフがイランの選手を殴打したような映像まで流れた。
双方ともに国際サッカー連盟(FIFA)に相手を提訴。ところがペナルティーが与えられたのはイランだけだったという。

問題の試合は2013年6月18日、韓国・蔚山で行われた。対戦前から「中傷合戦」が起きるなど荒れ気味だったが、結果は1-0でイランが勝利。するとイランのケイロス監督が韓国ベンチに向かって「ガッツポーズ」を見せ、選手もピッチ上をウイニングランしながら相手側を挑発するような動きを見せた。

イラン選手が走り寄ってきたところ、韓国のふたりのスタッフが殴りつけた――。
やや不鮮明な映像を見ると、ひとりがひじのあたりをぶつけ、衝撃でふらついたイラン選手の顔面にもうひとりが 「左ストレート」を叩きこんでいるようだ。

イランサッカー協会は事態を重く見て、FIFAに提訴。
試合後のピッチに、地元で敗れて怒り心頭の韓国サポーターからガラス瓶などが投げ付けられ、イラン選手が危険な目にさらされたことも提訴の理由だった。一方の韓国側も、ケイロス監督の態度を問題視して、FIFAに抗議文を送ったという。

FIFAの裁定は、韓国側有利に下ったようだ。
イランの英文サッカー情報サイト「ペルシアンリーグ・ドット・コム」は9月1日、FIFA規律委員会がイランのゴールキーパーに対して、後半開始時にピッチに遅れて入ってきたことに罰金を科すと決定。
ケイロス監督も、韓国ベンチにこぶしを突きだして勝利を誇示したとして警告を出したという。

ところが、イラン側の訴えは何も認められなかったそうだ。「暴力行為」に関するおとがめはなし。
試合後に観客席から「何百本もの瓶が投げ込まれた」件も不問に付されたという。

このサイトが掲載した写真では、韓国スタッフがイランの選手を左手で殴りつけているような様子がよく分かる。
「FIFAはイランにとって納得できない裁定を下した」と、記者は不満タラタラだ。

サッカージャーナリストで「フットボールレフェリージャーナル」を運営する石井紘人氏も、「報道が事実なら、イランの挑発行為に罰を与えながら韓国の報復行為には何もなし、というのは違和感があります」と首をひねる。
たとえ相手側に挑発されたからといって、暴力を振るったとなれば「ペナルティーがあってもよかったと思います」。
映像という「確たる証拠」が残っているように考えられるが、見過ごされた理由はナゾだ。

では観客がピッチにモノを投げ込んだ事実はどうか。「確かに問題行動ですが、暴動とまでは言えません」と石井氏。
比較されるのが2006年の北朝鮮代表の例だ。北朝鮮サポーターが暴徒化してモノ投げ入れにとどまらず、相手チームの選手の乗ったバスを取り囲んだことから、ホーム主催試合の権利をはく奪され、次戦では遠く離れた中立地での無観客試合を余儀なくされた。韓国の場合は「そこまで危険ではなかった」との判断だったのだろう。

それにしても最近の韓国代表は、試合以外での「お騒がせ」「問題行為」が少なくない。
2012年のロンドン五輪では日本戦で、島根県・竹島を韓国領だと主張したプラカードを選手が掲げた。
また2013年7月の東アジア杯では同じく日本戦で、観客が「歴史を忘れた民族に明日はない」とハングルで書かれた巨大な横断幕をスタンドで広げた。
いずれも、歴史的な主張を禁じるFIFAの規定に違反する疑いがある。
五輪のケースは、国際オリンピック委員会(IOC)が、プラカードを持った朴鍾佑選手に2試合の出場停止と罰金を命じたものの、銅メダルは授与した。横断幕の一件は、特に処分が出された形跡はない。

報道されたイラン戦の裁定内容について石井氏は、「サッカー界全体ではそれほど大きな事件とみなされていないのでしょう」と指摘。
それにしても、今回の「韓国寄り」とみられても仕方がない決定に、なんとなく釈然としない感は残る。
なお韓国の主要メディアはいまのところ、この問題には沈黙したままだ。

http://www.j-cast.com/2013/09/04182995.html?p=all

 

続きを読む

韓国「知ってたけど、隠してたニダ」 世界水泳2019の招致に成功も5時間後に文書偽造を発表

どうなる19年世界水泳 韓国・光州の文書偽造が発覚 政府は予算を撤回

韓フルタイム

2013年07月22日10時00分

どうなる19年世界水泳 韓国・光州の文書偽造が発覚 政府は予算を撤回

2019年に行われる水泳の世界選手権で、開催地をめぐり韓国でとんでもない騒動が発生している。

19日、国際水泳連盟(FINA)はスペインのバルセロナで総会を開き、2019年度大会の開催地を韓国・光州市に決めた。しかし、その5時間後、同市が誘致の文書を偽造していたことが発覚。誘致成功によろこぶ暇もないまま、すでに開催の危機に陥っている。

同市が偽造した文書は、韓国政府による財政支援を約束するもの。FINAに提出した誘致書類に、「韓国政府は1億ドルを支援する」とする金滉植(キム・ファンシク)前国務総理と崔光植(チェ・グァンシク)前文化体育教育相の偽造サインが入った文書を盛り込んでいた。

韓国政府は4月の時点で偽造文書の存在を把握していたが、誘致が決定した5時間後に発表。文書を偽造した疑いで、姜雲太(カンウンテ)市長を公文書偽造の疑いで告発する方針も明らかにした。

韓国政府の関係者は21日、「光州市の財政保証書類偽造は自治体が国家機関を騙した一種の国規紊乱(びんらん)事件として規定されている」と指摘。「自治体が誘致した国際スポーツの行事を、政府が必ず支援しなければならないという義務はない」とし、同市に対して責任を問うだけではなく、すでに決定している国からの支援を「執行しない」方針だと述べた。

国からの支援が受けられなくなった場合、光州市は誘致した世界選手権の費用をすべて自己負担しなければならない。選手権の開催費用は約600億ウォンとされ、政府はこの内の3分の1程度を支援する予定だったが、偽造文書によって大会開催は不透明な状況だ。

韓国では「開催地の返却も考える必要がある」との声もあり、大会開催をめぐる騒動はしばらく続きそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/7880058/

 

続きを読む

韓国“東京五輪”妨害に意欲、米メディアなどに「資格ない」と働きかけ

韓国、東京五輪妨害工作 IOC、米メディアなどに「資格ない」と働きかけ

韓国の民間団体が、2020年東京五輪招致を阻止する運動を展開している。一部の「反韓・嫌韓デモ」を取り上げて、「五輪の資格なし」などと、国際オリンピック委員会(IOC)や海外メディアに訴えているのだ。
インターネットで反対署名を呼びかける動きもある。開催都市を決めるIOC総会まで約2カ月というなかでの妨害工作。ジャーナリストの西村幸祐氏が、日本人の癇(かん)に障る、隣国の言動に迫った。

韓国側の妨害活動は今年4月ごろから目立ち始めた。

韓国・聯合ニュースは4月5日、以下のようなニュースを配信した。

《韓国の民間団体『VANK(バンク)』は5日、日本の右翼団体が東京や大阪などで在日韓国人を狙った人種差別的な『反韓・嫌韓デモ』を行っていることについて、平和と人類愛を掲げる五輪精神に反すると訴える書簡をIOCに送付した。書簡は米紙ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポスト、CNNテレビなどの海外メディアにも送付された》

VANKは、韓国に関する情報宣伝活動をネットを使って行う民間団体。島根県・竹島を韓国領土とアピールしたり、日本海を東海と書き換えるよう、各国政府や国際機関などに働きかけたりしている。
VANKの朴起台団長は今年2月、韓国政府から勲章と大統領表彰が授与されている。

こうした動きと連動しているのか、米国で運営されているオンライン請願サイトでは、東京五輪を阻止する署名活動が展開。韓国のコミュニティーサイトなどが、この動きを取り上げている。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130701/frn1307011811004-n1.htm

 

続きを読む

巨人・渡辺恒雄会長「事実関係を知らないが、加藤コミッショナーの責任はない」

巨人・渡辺恒雄会長「事実関係を知らないからが、加藤コミッショナーの責任はない」

プロ野球の統一球を飛びやすいように変えながら公表していなかった問題で、巨人の渡辺恒雄球団会長は26日、東京都内で報道陣の取材に応じ、加藤良三コミッショナーの進退を問う声が上がっていることに「コミッショナーの責任はないので、進退を言う必要は一つもない」と述べた。

統一球の仕様が変わっていたことには「俺が野球について知っているのは野球協約だけ。知らんことは、知らんのだよ」と多くを語らなかった。
日本野球機構(NPB)の対応が批判を招いているが「事実関係を知らないから」と述べるにとどまった。

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130626/bbl13062622520016-n1.htm

 

事実関係を知らないのに加藤コミッショナーに責任が無いことが分かるとはこれいかに


イランが韓国観衆のペットボトル投擲をFIFAに提訴! 中央日報「原因を提供したのはイラン選手たち」

<W杯サッカー>イラン、ペットボトル投げ込んだ韓国観衆をFIFAに提訴

2013年06月24日14時13分
[ISPLUS/中央日報日本語版]

イランサッカー協会が、韓国の観衆がペットボトルを投げ込んだとして国際サッカー連盟(FIFA)に提訴をしたことを一歩遅れて知らされた。

イランのサッカー専門メディアのペルシアンフットボールは24日、「イランサッカー協会が18日に蔚山文殊(ウルサン・ムンス)競技場で開かれた2014年ブラジルワールドカップ(W杯)アジア最終予選第8戦の韓国との試合後、韓国観衆が自国選手に向かってペットボトルを投げ込んだことに関してFIFAに提訴した」と報道した。このメディアは「イランサッカー協会が、観衆の危険な行動に対する主張を裏付ける証拠文書を添付してFIFAに送った」と付け加えた。

韓国観衆は18日、非マナーサッカーを繰り広げたイランに0-1で敗れた後、イラン選手たちにペットボトルを投げ込んだ。イラン選手たちは自国の国旗を振って競技場を飛び回るなどして観衆たちを嘲弄し、原因を提供した。またイラン代表チームのカルロス・ケイロス監督は韓国戦の後、韓国代表チームのチェ・ガンヒ前監督に向かって拳を突き上げるなどの常識外れの行動をした。

またこれに先立ちケイロス監督は、チェ監督がウズベキスタンのユニホームを着た合成写真をつけたTシャツを着て撮った写真が公開されて論議を起こしていた。韓国サッカー協会もカルロス監督の“拳”ジェスチャーに抗議する公文書を19日FIFAに送った。

http://japanese.joins.com/article/075/173075.html?servcode=600&sectcode=610

参考動画 韓国観衆のペットボトルがイラン代表の頭に直撃

 

続きを読む

辛坊治郎さんの事務所から救助要請 → 航海日誌の記事を全削除で無事を報告

21日午前7時45分ごろ、小型ヨットで太平洋横断中のニュースキャスターの辛坊治郎さん(57)と全盲のセーラー岩本光弘さん(46)の事務所から「船内に海水が浸入した。
2人の命に別条はないが、救助してほしい」と118番があった。

第2管区海上保安本部(塩釜)によると、ヨットは宮城・金華山の南東約1200キロ地点におり、宮城海上保安部の巡視船が救助に向かっている。巡視船の到着は23日午前の予定。

2管本部などによると、ヨットは全長約13メートル、幅約3メートル。イリジウム電話を備えている。

2人の事務所は「(浸水の)原因は分からない。状況の確認を急いでいる」としている。

2人は8日に大阪市内のヨットハーバーを出発。練習のため福島県いわき市の小名浜港に寄港し、16日に米サンディエゴを目指し出港していた。(共同)

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20130621-1145491.html

 

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。