スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコのマルハンが大阪・新世界に「韓流テーマパーク」の開業を発表

パチンコ国内最大手のマルハンは9日、大阪・新世界の複合商業施設、旧・フェスティバルゲート(大阪市浪速区)の跡地を再開発し、日本初の「韓流テーマパーク」を来年秋に開業させると発表した。日韓両国の関係活性化を狙う。
年間目標で売上高50億円、来場者300万人を掲げた。

同社によると、総工費は約100億円で、今年秋に4階建ての建物を着工。
韓流スターがプロデュースする衣料、グッズ販売店、飲食店などを集積させるほか、韓国からの輸入食材を扱う食品スーパーを展開。多目的ホール「K-POPホール(仮称)」を併設し、韓流スターのショーなどを楽しめるようにする。

旧フェスティバルゲートは大阪市の第3セクターが展開した遊園地などの複合商業施設の跡地。
マルハンが平成21年に入札で落札し、跡地再開発を検討してきた。

同社の韓昌祐会長は東京都内のホテルで会見し「4年前から何にしようか考えてきた。
日本、韓国両国が仲良くしていくための施設としたい」と話した。

マルハンはさきごろ、東京・浅草での大衆娯楽施設の再開発計画に冠スポンサーとしての参画を発表したばかりで、東京と大阪の下町エリアに目立つ娯楽施設を作ることになる。

2013.7.9 17:18
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130709/wec13070917220004-n1.htm

 

続きを読む
スポンサーサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。