スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生発言が誰に対しての批判なのか説明せず、朝日新聞など文脈無視して祭り状態、『改憲派=ナチス支持者』と印象操作

・久々にぎょっとした。朝日新聞など一部メディアが繰り広げている「麻生太郎副総理ナチス発言」祭りに、である。
きのうの朝日新聞を見ると、1、2面と政治、社会面、それに社説まで動員しての大騒ぎである。

▼麻生氏は7月29日、都内で開かれたシンポジウムで「ワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。
誰も気がつかないで変わった。あの手口を学んだらどうかね?」と発言した。確かに字面だけをみれば、あたかもナチスの
手法を称揚しているようにみえる。

▼在米のユダヤ系人権団体が「どのような手法がナチスから学ぶに値するのか」と非難したのもうなずける。しかも、ナチスは
憲法を改正も制定もしておらず、形の上でワイマール憲法は戦後まで存続していた。

▼首相経験者であり、しかも政権の柱である副総理として軽率極まりない。ただ、彼の肩を持つ義理はないのだが、
前後の発言を詳しく点検し、当日会場にいた記者や傍聴者の話を聞くと、だいぶ様子が違う。

▼討論者の一人として参加した麻生氏は「(憲法改正は)喧噪(けんそう)の中で決めないでほしい」と改正積極派が
多い聴衆に向かって何度も繰り返している。「ナチス発言」も彼特有の皮肉な口調で語られ、場内に笑いも起きたという。
ある傍聴者は、「ナチスをたたえているようにはとても聞こえなかった」と話す。

▼朝日新聞などが、シンポジウム翌日に一行も報じていないのが何よりの証拠である。野党は召集された臨時国会で
追及する構えだが、麻生氏はすでに発言を撤回している。麻生発言を奇貨として「改憲派=ナチス支持者」の印象操作を
しようとしているのは誰か? ナチスが得意だったプロパガンダ(宣伝戦)に乗せられてはならない。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130803/plc13080303080004-n1.htm

 

続きを読む
スポンサーサイト

TBS“サンデーモーニング”の偏向報道が酷い 関口宏「ねじれはあったほうがいいかもしれない」

コメンテーターの意見

・日本全体を覆う右傾化、プリナショナリズム的な雰囲気が心配

・自民党は今回の選挙で圧勝したら言い訳がきかなくなる

・国会のねじれはあった方がいいのかもしれない

 

関口宏「ねじれはあったほうがいい」
http://hayabusa2.2ch.net/test/read.cgi/livetbs/1374367855/

3 :渡る世間は名無しばかり  :2013/07/21(日) 09:52:57.56 ID:1QNRihWZ

「ねじれがあったほうがいい!」=「与党には投票するな!」


「ねじれがあったほうがいい!」=「与党には投票するな!」


「ねじれがあったほうがいい!」=「与党には投票するな!」


「ねじれがあったほうがいい!」=「与党には投票するな!」

あちゃーwwwwwww選挙日当日に司会者が言っちゃったwwwwwww

 

続きを読む

フジ「とくダネ!」 韓国のために捏造報道!? 韓国にノロウイルス無しとTVで表示

1 名前: アビシニアン(愛知県) 投稿日:2012/12/25(火) 16:24:49.99 ID:StF/cW0n0

重要画像

フジ「とくダネ!」 韓国のために捏造報道!? 韓国にノロウイルス無しとTVで表示

486 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2012/12/25(火) 09:14:23.71 ID:uNBq+G0cP

フジ・とくダネ キタ~!!!
ノロウィルス報道で
ノロウィルス感染世界地図で
「韓国は無し」と表示!
またしてもウジテロビが
捏造報道!

日本国内でウイルス変異株出現・韓国ではノロウイルス汚染、キムチ751トン 年末年始が怖いノロウィルス・パンデミック
リアルライブ 2012/12/23
http://npn.co.jp/article/detail/16589588/

西安東農協・豊山キムチ工場が先月9日から今月4日にかけて生産したキムチや調味料751トンがノロウイルスに汚染された
可能性があることが分かった。このうち50トン余りのみが回収できた。

朝鮮日報 2012/12/6
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/12/06/2012120600765.html

 

続きを読む

愛媛新聞「“ハネムーン期間”?お前にはねーから」

1 名前:☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★ 投稿日:2012/12/19(水) 10:54:02.79 ID:???0

・形容詞がお好きな方なのだろう。かつては「美しい国」。今度は「新しい国」。イメージ先行で中身が
見えなかった前の文句と比べたら、少しは取っつきやすいかも▲

と思ったら、それほど新しくない。次期首相の座が確実な自民党の安倍晋三総裁が、月刊誌「文芸春秋」1月号に「新しい国へ」の題で政権構想を起稿している。躍る文字は見覚えのあるものばかり▲

たとえば経済政策だ。さも秘策があるぞと気を持たせたデフレ退治の主軸は、教科書レベルのような金融緩和である。物価上昇率の目標を定めるインフレターゲットの導入は20年ほど前から待望論があり、目新しさはない▲

きのう安倍総裁はあらためて日銀に緩和を要請した。既に似たような策は施されているのに、腰の重い日銀を動かすと格好だけはつく。打つ手に困ると日銀悪玉論を広げ、公共工事に頼るのは政治家の悪い癖。新しくない▲

お金をじゃぶじゃぶ回してインフレを起こせば景気がよくなるというのも本来は順序が逆の話。仮に景気が上向いても気前よく給料を上げてくれるか。新政権が財界との関係を見直せば新しいのだが▲

肝心なのは金融緩和の効果を高める新しい工夫。出回るお金の量ほどに時間は有り余ってはいない。
まして厳しい批判が猶予される「ハネムーン期間」などないと心得て。安倍総裁の権力との「再婚」は
前途多難。

http://www.ehime-np.co.jp/rensai/chijiku/ren018201212195340.html

 

続きを読む

【画像あり】週刊朝日の表紙がひどい・・・ブレない偏向報道さすがです

1 名前: ピューマ(やわらか銀行) 投稿日:2012/12/18(火) 23:21:34.97 ID:adEEyk4L0

2009年
週刊朝日の表紙がひどい・・・

 

続きを読む

「俺が安倍を辞任させてやる」と息巻くマスコミの人間たち…安倍バッシングがまた始まる…

1 名前:☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★ 投稿日:2012/12/18(火) 14:29:28.84 ID:???0

・誰に首班指命を入れます、どこと組みますというオッサン同士のしょうもない「三国志」みたいなパワーゲームを連日報じることがすでに若者たちの激しい拒否反応を招いているということを、各局の政治部記者たちは真剣に受け止めなくてはいけない。
そんな報道を見比べていると「あー、また始まるのかあ」とややウンザリした気持ちになる。
自民党政権の話ではない。マスコミ各社の“安倍晋三バッシング”だ。

なんてことを言うと「愛国主義者め」とそれこそこちらがバッシングされそうなので、ハッキリ断っておくが、特に安倍さんのことは好きでも嫌いでもない。総理時代は、よく悪い話を書かせていただいた。お母さまともどもお世話になっている某新興宗教とのホニャララな話だとか、中洲のママとのアレな噂とか。ただ、それはあくまでそういうネタが舞い込んできたからであって特別な感情はない。

ここで言う“安倍晋三バッシング”とはもう、安倍さんを親の仇がごとく憎んでいて、テレビに出て何かしゃべっているだけでも虫酸が走るというマスコミ人が、繰り広げるかなり感情的な攻撃のことだ。
そんなヤツいねえだろ、と思うかもしれないが、みなさんが想像している以上に多い。例えばちょっと前、某キー局の元アナウンサーが教えてくれたのだが、報道局の人間が安倍さんのことをとにかく嫌いでたまらなく、総理時代にわざと記者の質問をはぐらかしているシーンばかりを十数カットつないで放映した。ワイドショーなどではわりとよくある“印象操作”だが、驚いたのはそれを番組と番組の間に流す5分ほどのスポットニュースの中でやったということだった。

その苦心の作品をつくりあげた局員は、周囲にこんなことを言ったという。
「オレが安倍を辞任させてやる」――。

 

続きを読む

米元高官 「米で『安倍氏は危険な右翼』と言ってたのは、安倍氏を憎む“朝日新聞”の手法を輸入した人やメディア」

1 名前:☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★ 投稿日:2012/12/18(火) 10:56:29.04 ID:???0

★ワシントン駐在編集特別委員・古森義久
■「右傾化」批判の誤り

・「安倍政権誕生となると、北京の論客たちはあらゆる機会をとらえて『日本はいまや右傾化する危険な国家だ』と非難し続けるでしょう。しかし『右傾化』というのが防衛費を増し、米国とのより有効な防衛協力の障害となる集団的自衛権禁止のような旧態の規制を排することを意味するのなら、私たちは大賛成です」

ブッシュ前政権の国家安全保障会議でアジア上級部長を務めたマイケル・グリーン氏が淡々と語った。
日本の衆院選の5日ほど前、ワシントンの大手研究機関、ヘリテージ財団が開いた日韓両国の選挙を評価する討論会だった。日本については自民党の勝利が確実ということで安倍政権の再登場が前提となっていた。

CIAでの長年の朝鮮半島アナリストを経て、現在は同財団の北東アジア専門の上級研究員であるブルース・クリングナー氏も、「右傾」の虚構を指摘するのだった。
「日本が右に動くとすれば、長年の徹底した消極平和主義、安全保障への無関心や不関与という極端な左の立場を離れ、真ん中へ向かおうとしているだけです。中国の攻撃的な行動への日本の毅然(きぜん)とした対応は米側としてなんの心配もありません」

確かに「右傾」というのはいかがわしい用語である。正確な定義は不明なまま、軍国主義や民族主義、独裁志向をにじませる情緒的なレッテル言葉だともいえよう。そもそも右とか左とは政治イデオロギーでの右翼や左翼を指し、共産主義や社会主義が左の、反共や保守独裁が右の極とされてきた。

日本や米国の一部、そして中国からいま自民党の安倍晋三総裁にぶつけられる「右傾」という言葉は、まず国の防衛の強化や軍事力の効用の認知に対してだといえよう。だがちょっと待て、である。現在の世界で軍事力増強に持てる資源の最大限を注ぐ国は中国、そして北朝鮮だからだ。この両国とも共産主義を掲げる最左翼の独裁国家である。だから軍事増強は実は「左傾化」だろう。

まして日本がいかに防衛努力を強めても核兵器や長距離ミサイルを多数、配備する中国とは次元が異なる。この点、グリーン氏はフィリピン外相が最近、中国の軍拡への抑止として日本が消極平和主義憲法を捨てて、「再軍備」を進めてほしいと言明したことを指摘して語った。

「日本がアジア全体への軍事的脅威になるという中国の主張は他のアジア諸国では誰も信じないでしょう。
東南アジア諸国はむしろ日本の軍事力増強を望んでいます」
同氏は米国側にも言葉を向ける。
「私はオバマ政権2期目の対日政策担当者が新しくなり、韓国の一部の声などに影響され、安倍政権に対し『右傾』への警告などを送ることを恐れています。それは大きなミスとなります。まず日本の対米信頼を崩します」

グリーン氏は前の安倍政権時代の米側の動きをも論評した。
「米側ではいわゆる慰安婦問題を機に左派のエリートやニューヨーク・タイムズ、ロサンゼルス・タイムズが安倍氏を『危険な右翼』としてたたきました。安倍氏の政府間レベルでの戦略的な貢献を認識せずに、でした。その『安倍たたき』は日本側で同氏をとにかく憎む朝日新聞の手法を一部、輸入した形でした。今後はその繰り返しは避けたいです」

不当なレッテルに惑わされず、安倍政権の真価を日米同盟強化に資するべきだという主張だろう。
(ワシントン駐在編集特別委員)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/121218/amr12121803080002-n1.htm

 

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。