スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国記者「ゼロセンガーゼロセンガー」 宮崎駿監督「金払って見ろ、見れば分かるから。見ないで語るな」

宮崎監督引退会見「今回は本気です」

アニメ映画の宮崎駿監督(72)が6日、東京都内で記者会見し、
公開中の作品「風立ちぬ」での引退を発表した。
宮崎監督は「何度も辞めるといって騒ぎを起こしてきて、まただろうと思われている
と思いますが、今回は本気です」と語った。

宮崎監督は1941年、東京都生まれ。
学習院大卒業後の63年、アニメ制作会社の「東映動画」に入社し、71年に退社した。
初の劇場用アニメの監督作は79年の「ルパン三世 カリオストロの城」で、
84年「風の谷のナウシカ」でアニメ作家として広く知られた。
85年にスタジオジブリを設立し、「天空の城ラピュタ」(86年)、
「となりのトトロ」(88年)でファン層を拡大した。「魔女の宅急便」(89年)で
人気を確立し、「もののけ姫」などヒット作を手がけた。
2001年の「千と千尋の神隠し」は興行収入304億円で、日本映画史上最高記録
となった。
02年のベルリン国際映画祭で、アニメ映画として史上初の金熊賞を受賞、
03年にはアカデミー賞の長編アニメーション部門で受賞した。
続く「ハウルの動く城」(04年)も大ヒット。05年にはベネチア国際映画祭で
栄誉金獅子賞を受賞した。

最新作の「風立ちぬ」は、実在の零戦設計者・堀越二郎の半生をモデルに、
文学者・堀辰雄の名作小説「風立ちぬ」の要素を盛り込んだ作品。飛行機作りの夢を
追い続けた男と病弱で純真な妻との愛を描いた。

ソースは
http://mainichi.jp/select/news/20130906k0000e040226000c.html

 

続きを読む
スポンサーサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。