スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【史上初】iPhoneが携帯週間売上ランキング1-9位を独占! ドコモのiPhone5SはauSBの5に負ける・・・iPhoneないから一人負けとはなんだったのか

【史上初】iPhoneが携帯週間売上ランキング1-9位を独占! ドコモのiPhone5SはauSBの5に負ける・・・iPhoneないから一人負けとはなんだったのか。

・BCN週間売れ筋ランキング:携帯電話
集計期間:2013年09月16日~09月22日 更新日:09月24日

01位 ★ Apple iPhone5S 32GB(SoftBank) iOS
02位 ★ Apple iPhone5S 64GB(SoftBank) iOS
03位 ↓ Apple iPhone5 16GB(au) iOS
04位 ★ Apple iPhone5S 32GB(au) iOS
05位 ↓ Apple iPhone5 16GB(SoftBank) iOS
06位 ★ Apple iPhone5S 32GB(docomo) iOS
07位 ★ Apple iPhone5S 32GB(docomo) iOS
08位 ★ Apple iPhone5S 16GB(SoftBank) iOS
09位 ★ Apple iPhone5S 64GB(au) iOS
10位 ↓ SAMSUNG GALAXY S4 SC-04E(docomo) Android

http://bcnranking.jp/category/subcategory_0010.html

 


続きを読む
スポンサーサイト

ドコモ、携帯利用者の位置情報(ビッグデータ)を販売へ…“契約者が申請”すれば拒否可

NTTドコモは6日、携帯電話利用者の位置情報などが分かるビッグデータを10月から企業向けに有料で販売すると発表した。

携帯電話基地局が、エリア内の携帯電話の位置情報などを自動的に把握している特性を生かし、流通業や外食企業などに特定地域の時間ごとの人口の変化などをまとめた報告書を販売する。
価格は、最低でも数百万円になる見通しだ。

ドコモのサービスは、飲食店が周辺の1日の人の流れを把握したい場合、ドコモが系列の調査会社にデータを渡し、同社が解析してリポートなどを作成する。

基地局が収集するデータには、位置情報だけでなく契約者の携帯電話番号や生年月日などの個人情報も含まれる。
解析するデータには性別、年齢、大まかな住所は含まれるが、その他の情報は加工して個人が特定できないようにする。

7月にJR東日本がICカード乗車券「Suica(スイカ)」の乗降履歴を利用者に無断で企業に販売していた問題を踏まえ、ドコモは、契約者が電話で申請すれば、個人データの利用を停止する。

http://www.yomiuri.co.jp/net/news0/atmoney/20130906-OYT1T01013.htm?from=ylist

 

続きを読む

パナソニック、ドコモへ供給見送りへ、iPhone拒否ってたら国内メーカーもいなくなったでござる

パナソニックがNTTドコモに対し、今冬のスマートフォン(高機能携帯電話)の新製品供給を見送ると伝えたことが5日、分かった。ドコモがソニーと韓国サムスン電子の端末を大幅に安くする戦略を打ち出し、自社製品の販売拡大は難しいと判断した。

パナソニックのスマホは、ドコモが事実上の唯一の供給先。今冬モデルの供給見送りに伴い、新製品の開発は縮小する見込みだ。

個人向けのスマホを生産するマレーシアの工場では当面、現行モデルの生産を継続するが、ドコモからの受注がなくなれば生産を停止する方向。NECと同様、パナソニックは個人向けスマホから撤退する可能性がある。

パナソニックの携帯電話事業は、平成25年4~6月期連結決算で営業損益が54億円の赤字だった。

今後は、頑丈さが特長のスマホを内外の企業に売り込むなどして収益改善を図る。

パナソニックはかつて、折り畳み式など従来型の携帯電話でNECと国内シェアの首位を争ったトップメーカーだった。だが、スマホでは米アップルのiPhone(アイフォーン)などライバルメーカーに後れを取り、販売が伸びなかった。

従来型の携帯電話は生産を継続する。

ソース msn産経ニュース 2013.8.6
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130806/biz13080607130000-n1.htm

 

続きを読む

7位に転落したはずの韓国が旅行ランキング1位に返り咲き!? ホテルランキングでは20位中9つが韓国wwww

先日ガジェット通信が報じた韓国の旅行先ランキング記事。2009年~2012年まで独壇場で毎年1位だった韓国が2013年になり、
7位に下がったというもの。その背景には昨年8月の反日デモや韓流ブームが去ったことが挙げられる。1位はハワイとなり2009年以前の
ランキングに戻ったようだ。

しかしそんなランキングを覆すような調査結果が送られてきた。世界最大の旅行予約サイト『エクスペディア』が発表した
人気都市ランキングを見てみると、韓国(ソウル)のランキングが不動の1位なのである。2位以降はハワイ、シンガポール、
台湾、グァム、タイ、と続いており2位以降はあまり変わらないようだ。

それだけでなく、『エクスペディア』が発表したホテルランキングにも注目したい。そちらを見るとランクインしているのは韓国の
ホテルばかりである。20位中9つのホテルが韓国という脅威のランキング。

そのランキングは次の通り。

1位:マリーナ・ベイ・サンズ(シンガポール)
2位:ロッテホテル(韓国 ソウル)
3位:トランプ インターナショナルワイキキビーチウォーク(ハワイ)
4位:セジョンホテル(韓国ソウル)
5位:ロイヤルホテル(韓国ソウル)
6位:グランデ センターポイント スクンビット ターミナル21(タイ)
7位:位ぴすソウル明洞(韓国ソウル)
(以下20位まで)

以上のように、韓国ソウルのホテルが数多くランクインしているのが目立つ。ロッテホテルは私も泊まったことがあるのだが、文句なしの豪華ホテル。しかしほかのホテルが20位以内にランクインするほどかと言うと疑問である。ましてや日本のホテルは2つしかランクインしていないのである。ホテルランキングにドバイが入っていないのがなんとも……。
日本からの旅行者が減っている韓国への旅行者を増やすために、何かしらの力が働いていそうな気もするが……。

7位転落のニュースは先日のガジェット通信の報道後、民放の『とくダネ!』や他社ウェブ媒体でも後追いをしてこの件が拡散。
その直後にこのランキングの発表である。前回の7位のランキングと大きく矛盾しているがどちらが正しいのか?

http://getnews.jp/archives/378450

 

続きを読む

パチンコのマルハンが大阪・新世界に「韓流テーマパーク」の開業を発表

パチンコ国内最大手のマルハンは9日、大阪・新世界の複合商業施設、旧・フェスティバルゲート(大阪市浪速区)の跡地を再開発し、日本初の「韓流テーマパーク」を来年秋に開業させると発表した。日韓両国の関係活性化を狙う。
年間目標で売上高50億円、来場者300万人を掲げた。

同社によると、総工費は約100億円で、今年秋に4階建ての建物を着工。
韓流スターがプロデュースする衣料、グッズ販売店、飲食店などを集積させるほか、韓国からの輸入食材を扱う食品スーパーを展開。多目的ホール「K-POPホール(仮称)」を併設し、韓流スターのショーなどを楽しめるようにする。

旧フェスティバルゲートは大阪市の第3セクターが展開した遊園地などの複合商業施設の跡地。
マルハンが平成21年に入札で落札し、跡地再開発を検討してきた。

同社の韓昌祐会長は東京都内のホテルで会見し「4年前から何にしようか考えてきた。
日本、韓国両国が仲良くしていくための施設としたい」と話した。

マルハンはさきごろ、東京・浅草での大衆娯楽施設の再開発計画に冠スポンサーとしての参画を発表したばかりで、東京と大阪の下町エリアに目立つ娯楽施設を作ることになる。

2013.7.9 17:18
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130709/wec13070917220004-n1.htm

 

続きを読む

日本からの観光客数激減、日本人の“韓国離れ”に歯止めがかからない状況

日本人旅行者の減少が続く韓国で、観光業界が悲鳴を上げている。韓流ブームを追い風に、
昨年3月には単月の日本人観光客が36万人と過去最高になったのもつかの間。
島根県・竹島をめぐる日韓関係の悪化を受けて、昨年9月以降、韓国を訪れる日本人旅行者は前年割れが続いている。
朴槿恵政権が反日色を強める中で、韓国業界は日韓関係の正常化を要請するなど、“断末魔”の様相を呈している。

「韓国と日本の関係が悪化し、多くの旅行社が整理・解雇をするなど経営難に陥っている」

今年4月、韓国の旅行会社約1万5千社で組織する韓国旅行業協会は、韓国政府への要望書でこう窮状を訴え、金融支援を求めた。これを受けて、日本の観光庁にあたる文化体育観光部は6月、深刻な経営危機に陥った旅行会社などを救済するため、100億ウォン規模の緊急融資を実施した。

さらに6月25日には、大韓商工会議所が同部の次官を招いて、日韓観光交流の正常化を求めた。
さらに9月には韓国の業界トップらが訪日し、日本の業界団体と意見交換する予定で、集客回復になりふり構わぬ姿勢だ。

韓国観光公社の調査によると、日本からの観光客数は昨年9月以降、前年割れが続いている。
4月は前年同年比32・2%減の約20万人、5月も29・6%減の約22万人とピーク時に比べ10万人以上落ち込んだ。

影響は旅行会社だけではない。ロッテホテルは、日本人旅行者の減少などから2013年1~3月期決算が営業赤字に陥ったほか、新羅ホテルも大幅な営業減益となった。一部の中・小ホテルでは経営が困難となるケースもあるという。

こうした状況は、日本からの海外旅行者がピークとなる夏休みの旅行シーズンを迎えても変わりそうにない。

旅行大手JTBがまとめた夏休み期間中(7月15日~8月31日)の海外旅行人員予想は、韓国への旅行客が34万3千人と前年同期比で24・8%減となる見通しだ。関西空港発着のパックツアーの予約状況も「前年同期比で予約は2~3割減」(在阪旅行会社)というように、日本人の“韓国離れ”には、いぜん歯止めがかからない状況にある。

リクルートグループのエイビーロード・リサーチ・センターが今春、行った調査では、「今後、行きたい国」のランキングで韓国は前年から6つ順位を落とし18位と低迷した。
2011年の調査では9位だっただけに、その没落ぶりは顕著だ。

ある旅行会社の幹部は「韓国への旅行者減は、『レジャーを楽しむ』という部分で消費者を刺激する要素が後退したからだ」と分析した。「反日の国に行っても楽しくない」という当たり前の選択を消費者が行った結果だけに、韓流ブームの終焉(しゅうえん)といっても過言ではない。

大韓航空の智昌薫社長は、「両国の観光業界が共同で対応すべき問題だ」と主張した。
しかし、まず対応すべきなのは、かの国の“反日体質”ではあるまいか。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130708/wec13070807000000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130708/wec13070807000000-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130708/wec13070807000000-n3.htm

 

続きを読む

テレビ業界の既得権益を守るため? 民放各局がパナソニックの新型テレビのCM放映を拒否「関係業界で定めたルールに違反する」

★パナの新型テレビCM拒否 技術ルール違反と民放

・テレビの電源を入れると、放送番組とインターネットのサイトなどが画面に一緒に表示されるのは、関係業界で定めた技術ルールに違反するとして、民放各局がパナソニックの新型テレビのCM放映を拒否していることが6日、分かった。大手広告主のCMを各局が流さないのは極めて異例。

放送関係者らによると、問題のテレビは4月発売の「スマートビエラ」シリーズ。テレビをつけると、放送中の番組の下と右にサイトやネット動画などが並び、リモコン操作で簡単にアクセスできるようにする機能がある。
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070601001715.html

※画像:「スマートビエラ」の画面表示例。放送番組を取り巻くように、インターネットのサイトなどが並ぶ

 

続きを読む

中国、経済データの発表を中止することを決定 Σ (゚Д゚;)相当ヤバイんじゃ・・・

中国:PMIの一部データ公表停止

7月5日(ブルームバーグ):中国は製造業購買担当者指数(PMI)の月間統計で特定の業界に関するデータ公表を停止した。
データ発表が停止された業界には鉄鋼業などが含まれ、偽装取引計上による貿易統計水増し疑惑に続き、中国経済の分析を妨げる新たな問題となっている。

6月の製造業PMI統計では、新規輸出受注や輸入、完成品在庫などの数値も政府の説明が何もないまま省かれていた。
マイスチール・リサーチ・インスティチュートのチーフアナリスト、徐向春氏(北京在勤)は電話取材で、
「事前の説明がないまま、月間データの発表が停止された」と指摘。

詳細 China Suspends PMI Details in New Hurdle for Scrutiny of Economy - ブルームバーグ 2013/7/5
http://www.bloomberg.com/news/2013-07-04/china-suspends-pmi-data-in-added-hurdle-for-scrutiny-of-economy.html

 

続きを読む

グリーの営業益7割減、新卒採用による人件費・広告宣伝費が収益を圧迫

グリー、営業益7割減 ゲーム課金収入低迷 13年4~6月期

グリーの2013年4~6月期は連結営業利益が前年同期比7割強減り、50億円前後となった公算が大きい。
4四半期連続で前年同期を下回る。直前1~3月期比でも5割強の減益。競争激化やヒット作不足で収益の柱である交流ゲームの課金収入が落ち込んだ。今後は有望なゲームに経営資源を集中する一方、ゲーム数絞り込みでコストを減らし、収益回復を狙う。

売上高は1割強少ない350億円前後と、3四半期連続で前年同期を下回ったもようだ。
交流ゲームの収入落ち込みに歯止めがかからなかった。

同社はブラウザー(インターネット閲覧ソフト)を活用したゲームで急成長してきた。だが、最近ではスマートフォン(スマホ)にダウンロードして遊ぶアプリ型ゲームの人気が高まっている。

ガンホー・オンライン・エンターテイメントの「パズル&ドラゴンズ」などが典型例。ブラウザー型よりも画面の表示性能やゲーム性も高いものが多い。グリーも昨年からアプリ開発を強化してきたが、ヒット作に恵まれなかった。

「釣りスタ」など実績のあるゲームで積極的にテレビCMを展開。テコ入れを図ったが、従来型携帯電話向けゲームの不振を補えなかった。
経費増も収益を圧迫した。新卒採用による人件費増に加え、広告宣伝費も膨らんだ。交流ゲームは利益率が高いことで知られるが、4~6月期の売上高営業利益率は14%程度と前年同期(47%)から大幅に低下した。
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXNZO5690204002072013DT0000

 

続きを読む

ビジネス情報サイト「ソニーは“ゴキブリ”」 GK「えっ!?」 ビジネス情報サイト「ソニーは立派な“ゴキブリ”」

資産売却で“ゴキブリ企業”となったソニー テレビは今期も赤字


http://biz-journal.jp/2013/06/post_2328.html

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は10日(日本時間11日午前)、新型ゲーム機「プレイステーション4」(PS4)を世界最大のゲーム見本市「E3」に合わせてロサンゼルスで初公開した。価格は399ドル(約3万9000円)。年内に発売して2年後にはゲーム事業で200億円の営業利益を上げると強気だが、新型機の発売当初は認知させるための広告宣伝費もかさむ。価格を抑える必要があって利益は出にくい。「スタートダッシュできるかどうかは不透明だ」とソニーに超優しい朝日新聞(11日付夕刊1面)でさえ書いている。ゲーム愛好家がゲーム専用機よりスマホで手軽に遊ぶようになっていることもあって、据え置き型のゲーム機市場はここ数年、右肩下がり(マイナス成長)が続いている。

 

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。