スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠隔操作ウイルス事件、共同と朝日の記者は不起訴処分、不正アクセスは「取材目的」

共同、朝日記者を起訴せず 取材でサーバーにアクセス

東京地検は23日、パソコン遠隔操作事件で真犯人を名乗る人物が「犯行声明」に使ったメールのサーバーにアクセスしたとして、不正アクセス禁止法違反の疑いで書類送検された共同通信社の記者2人と朝日新聞社の記者3人を不起訴処分とした。取材が目的で、悪質性が低いと判断したとみられる。

警視庁は6月、共同と朝日の記者が昨年10~11月に真犯人が利用したとみられるヤフー管理のサーバーにIDやパスワードを入力して不正アクセスしたとして書類送検した。共同の記者2人は複数回、朝日の記者3人はそれぞれ1回アクセスした、としていた。
http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013082301001576.html (2013/08/23 16:31)

 

続きを読む
スポンサーサイト

遠隔操作ウイルス事件、朝日新聞と共同通信の記者がサーバーに不正侵入、書類送検へ 

パソコン(PC)の遠隔操作事件で、警視庁は24日、片山祐輔被告(31)=ハイジャック防止法違反の罪などで起訴=が弁護士らに犯行声明を送るために使ったとされるメールのサーバーに侵入したとして、朝日新聞社と共同通信社の複数の記者を不正アクセス禁止法違反容疑で書類送検する方針を固めた。

捜査関係者によると、記者は昨年10~11月ごろ、片山被告が使っていたとみられるIDやパスワードを入力して、メールのサーバーに複数回にわたり、無断でアクセスしたとしている。パスワードなどは犯行声明の内容をヒントにアクセスしたという。

両社の記者はサーバーに侵入した後、取材目的でメールの内容や送受信記録などを確認していたとみられる。

毎日新聞 6月25日(火)2時37分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130625-00000010-mai-soci

 

続きを読む

遠隔操作ウイルス事件、ウイルス作成容疑での立件見送り

一連のPC遠隔操作ウイルス事件で逮捕・起訴された元IT関連会社員・片山祐輔被告(31)が6月10日、昨年8月に他人のPCを操作してAKB48への襲撃予告を書き込んだとして追送検された。
これまで片山被告は威力業務妨害やハイジャック防止法違反など7件の事件で逮捕・起訴されていたが、この追送検で捜査は事実上の終結。事件の本丸である「ウイルス作成容疑」での立件は見送られることになった。

片山被告が関わったとされる事件は、当然ながら全て遠隔操作ウイルスが絡んでいる。
にもかかわらず、肝心のウイルスの出どころが解明できなかったのは致命的だ。
確かな物証を得られないまま捜査が終了したことは、警察の事実上の敗北宣言ともいえるが、これについて捜査関係者は「片山被告が取り調べを拒否し、供述を得られなかったため」と説明している。

だが、これは事実と異なる。片山被告は取り調べそのものは拒否しておらず、あくまで「録画・録音しなければ取り調べに応じない」と頑なに主張していただけだ。
それを拒んで実質的に取り調べを拒否していたのは当局側である。

「証拠が完全にそろっていない状態で見込み逮捕し、取り調べで心理的プレッシャーを与えて自白を引き出すという昔からの手法から脱却できていない。
取り調べ可視化は現在議論中の案件ではあるものの、実際にこういった自白ありきの案件で録画・録音されて困るのは捜査側。
そんな強引な取り調べは現在も行われている。たび重なる再逮捕で4ヶ月も勾留し、彼の社会的地位を脅かすことでプレッシャーを与えたが、片山被告は最後まで折れなかった」(週刊誌記者)

http://news.livedoor.com/article/detail/7761221/

 

続きを読む

【偶然だぞ!】遠隔操作事件を取材していた共同通信記者が、犯人が使用したメールアカウントに不正アクセス

1 名前: ◆5Xxc......eg @砂嵐φ ★ 投稿日:2013/04/12(金) 06:29:20.02 ID:???0

パソコン遠隔操作事件を取材していた共同通信(東京都港区)の記者が昨年10~11月、犯行声明を弁護士らに送り付けた人物が利用したとみられるウェブメールのサイトで、メールアドレスとパスワードを入力し、送受信の記録などを複数回見ていたことが11日、社内調査で分かった。

パスワードは犯行声明の内容をヒントに類推した文言を入力、偶然アクセスできた。
真犯人につながる情報はなく、配信記事には最終的に反映しなかった。

形の上では法律に抵触する可能性がある。共同通信の吉田文和編集局長は「真犯人に近づく目的だったが、取材上、行き過ぎがあったとみている。厳正に指導する」としている。

ソース: http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130412/crm13041200200000-n1.htm

 

続きを読む

遠隔操作ウイルス事件、片山容疑者起訴

1 名前:帰社倶楽部φ ★ 投稿日:2013/03/22(金) 15:29:54.30 ID:???0

パソコン遠隔操作事件で、東京地検は22日、大阪市のホームページに殺人予告が書き込まれるなどした3事件について、IT関連会社社員・片山祐輔容疑者(30)を偽計業務妨害、威力業務妨害、ハイジャック防止法違反(運航阻害)の罪で東京地裁に起訴した。

4人が誤認逮捕された一連の事件での起訴は初めて。

起訴状によると、片山容疑者は昨年7~8月、遠隔操作型ウイルス「iesys(アイシス).exe」を使用。
大阪府吹田市の男性のパソコンをインターネットの掲示板を介して遠隔操作し、大阪市のホームページに「大量殺人する」とのメールを送ったほか、日本航空のホームページに「仲間が爆弾を持ち込んだ」とのメールを送り、飛行中の航空機を空港に引き返させるなどしたとされる。

(2013年3月22日15時25分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130322-OYT1T00921.htm

 

続きを読む

遠隔操作ウイルス事件、片山容疑者「ハイジャックの疑いに困惑」

1 名前:帰社倶楽部φ ★ 投稿日:2013/03/21(木) 18:20:37.10 ID:???0

パソコン(PC)遠隔操作事件で、日本航空機爆破を予告したハイジャック防止法違反(運航阻害)などの疑いで再逮捕された会社員片山祐輔容疑者(30)の勾留理由開示の法廷が21日、東京地裁(冨田環志裁判官)で開かれた。

片山容疑者は「ハイジャックという大きな疑いを掛けられて困惑している。早く自由になりたい」と無実を訴え、あらためて早期釈放を求めた。勾留理由開示の法廷は2月26日に続き2度目。

弁護側の質問に答える形で意見陳述し、遠隔操作に使われたとされるウイルスに関しても「開発に必要なプログラムの使い方を知らない。使い方を勉強した痕跡もない」と述べた。

2013/03/21 18:03 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013032101001540.html

 

続きを読む

遠隔操作ウイルス事件、遠隔操作事件については釈放、パソコンにはC#でのプログラム作成に必要なソフトをインストールした形跡なし

1 名前: ☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★ 投稿日:2013/03/04(月) 12:27:54.69 ID:???0

★PC遠隔操作事件 東京地検が処分保留で容疑者を釈放していた!(山口一臣)

・パソコン遠隔操作事件で警視庁など4警察の合同捜査本部に逮捕されていたIT関連会社勤務のK容疑者が、こんどはハイジャック防止法違反で再逮捕された。報道に接した人の多くは「あのオタクの猫マニア、そんなひどいことまでやってたのか」と思ったかもしれない。もしそうだとしたら、警察による情報操作がまんまと成功したと言ってもいい。

本当に重要なのは、この日勾留期限を迎えた当初の逮捕容疑について、東京地検が「処分保留で釈放した」という部分だ。つまり、あれだけ大騒ぎした江の島の猫の首にウイルスのソースコードが入った記憶媒体を取り付けたという一件は、証拠がなくて起訴できなかったというわけだ。再逮捕直後の容疑者への接見を終えた弁護人の佐藤博史弁護士を直撃すると、「やはり、我々が当初から指摘していたとおり、決定的な証拠(容疑者が猫の首にメモリーをつけている映像)はなかったということです。第一ラウンドは、我々の完全勝利」と自信のほどを見せていた。K容疑者は再逮捕の容疑についても「身に覚えがない」と否認しているという。

佐藤弁護士も当初は、あれだけ誤認逮捕を繰り返した警察が同じミスを犯すわけがないと思っていた。
そこで、取調官に「決定的な証拠映像があるなら、早めに示して欲しい。むやみに否認を貫かせるつもりはない。
本当に彼が真犯人なら弁護士として(罪を認めるように)説得もしたい」と話したが、担当検事は沈黙のまま、警察側は、「あれ(映像があるというの)はマスコミが言ってるだけ」などと言い出す始末だったという。

K容疑者は江の島へ行ったことはもちろん、問題の猫に触ったこと、写真を撮ったことも認めている。それどころか真犯人がマスコミなどに送ったメールに写真添付されていた雲取山に登ったことも、(写真に写っている)アニメキャラの人形をネット通販で購入したことも認めている。いずれも警察にとっては有利な状況証拠だ。
だが、それと「犯行」を結びつける証拠が決定的に欠けているようなのだ。

 

続きを読む

【真偽不明】遠隔操作ウイルス事件、真犯人を名乗る人間が現る

393 名前: 三毛(佐賀県) 投稿日:2013/03/03(日) 21:40:40.83 ID:VH5IsVCR0

【速報】 Tor板に真犯人を名乗る人間がスレを立てる

http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1362313544/

 

続きを読む

遠隔操作ウイルス事件、ハイジャック防止法違反で片山容疑者を再逮捕

1 名前:そーきそばΦ ★ 投稿日:2013/03/03(日) 16:38:58.83 ID:???0

パソコン(PC)の遠隔操作事件で、大阪のアニメ演出家のPCから書き込まれた2件の犯罪予告に関与したとして、警視庁などの合同捜査本部は3日、IT関連会社社員、片山祐輔容疑者(30)を、ハイジャック防止法違反(航空機の運航阻害)と偽計業務妨害容疑の容疑で再逮捕した。一連の犯罪予告のうち、警察当局が誤認逮捕した事件での立件は初めて。

一方、東京地検は3日、愛知県の会社のPCを遠隔操作したという最初の逮捕容疑ついて処分保留とした。【小泉大士】

ソース 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130303-00000020-mai-soci

 

続きを読む

遠隔操作ウイルス事件、警察「ハイジャック防止法違反」で立件検討

1 名前: イエネコ(福岡県) 投稿日:2013/03/01(金) 07:35:37.71 ID:4+C1jsDy0

パソコンの遠隔操作事件で、警視庁などの合同捜査本部がIT関連会社社員、 片山祐輔容疑者(30)=威力業務妨害容疑で逮捕=が関与したとみられる 昨年8月の航空機爆破予告について、ハイジャック防止法違反(航空機の運航阻害)容疑での 立件を検討していることが28日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、片山容疑者は昨年8月1日、ウイルスに感染した大阪府吹田市の男性の パソコンを遠隔操作。成田発ニューヨーク行き航空機に 「爆弾を持ち込んだ。洋上で爆発するようセットしてある」とするメールを日航に送り、 同機を成田空港に引き返させた疑いが持たれている。

ハイジャック防止法は、偽計または威力を用いて航行中の航空機の針路を変更させるなどした場合に 1年以上10年以下の懲役を科すと規定。捜査本部は、航空機が引き返す実害が生じたことを重視し、 威力業務妨害罪よりも法定刑の重い同法を適用する方向で、 3月3日の勾留期限に向け、東京地検と協議している。

吹田市の男性は昨年7月の大阪市ホームページへの大量殺人予告メール事件で誤認逮捕された。
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO52281620R00C13A3CC1000/

 

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。