スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生発言が誰に対しての批判なのか説明せず、朝日新聞など文脈無視して祭り状態、『改憲派=ナチス支持者』と印象操作

・久々にぎょっとした。朝日新聞など一部メディアが繰り広げている「麻生太郎副総理ナチス発言」祭りに、である。
きのうの朝日新聞を見ると、1、2面と政治、社会面、それに社説まで動員しての大騒ぎである。

▼麻生氏は7月29日、都内で開かれたシンポジウムで「ワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。
誰も気がつかないで変わった。あの手口を学んだらどうかね?」と発言した。確かに字面だけをみれば、あたかもナチスの
手法を称揚しているようにみえる。

▼在米のユダヤ系人権団体が「どのような手法がナチスから学ぶに値するのか」と非難したのもうなずける。しかも、ナチスは
憲法を改正も制定もしておらず、形の上でワイマール憲法は戦後まで存続していた。

▼首相経験者であり、しかも政権の柱である副総理として軽率極まりない。ただ、彼の肩を持つ義理はないのだが、
前後の発言を詳しく点検し、当日会場にいた記者や傍聴者の話を聞くと、だいぶ様子が違う。

▼討論者の一人として参加した麻生氏は「(憲法改正は)喧噪(けんそう)の中で決めないでほしい」と改正積極派が
多い聴衆に向かって何度も繰り返している。「ナチス発言」も彼特有の皮肉な口調で語られ、場内に笑いも起きたという。
ある傍聴者は、「ナチスをたたえているようにはとても聞こえなかった」と話す。

▼朝日新聞などが、シンポジウム翌日に一行も報じていないのが何よりの証拠である。野党は召集された臨時国会で
追及する構えだが、麻生氏はすでに発言を撤回している。麻生発言を奇貨として「改憲派=ナチス支持者」の印象操作を
しようとしているのは誰か? ナチスが得意だったプロパガンダ(宣伝戦)に乗せられてはならない。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130803/plc13080303080004-n1.htm

 

続きを読む
スポンサーサイト

麻生財務相G20でも抜群の存在感、白川さん何かに似てると思ってたが腹話術人形だったか

1 名前: ボルネオウンピョウ(栃木県) 投稿日:2013/02/16(土) 22:38:12.57 ID:+HfQmmTfP

G20:麻生財務相、ファッションでも存在感

今回のG20財務相・中央銀行総裁会議では、急速な円安とともに初参加となる麻生太郎財務相にも注目が集まった。

世界の金融市場を動かしている「アベノミクス」への関心を反映し、各国閣僚らから麻生氏への個別会談の申し込みが相次いだ。円安への懸念を示していたドイツのショイブレ財務相との会談で麻生氏は「アベノミクスはデフレからの早期脱却が目的」と説明。ショイブレ氏からは為替の話題は出ず、日本政府関係者は「金融緩和で円安を狙っているわけではないと理解された」との見方を示した。

そのほか、短時間ずつながら米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事、韓国、カナダの財務相、ブレイナード米財務次官ら約10人と直接、言葉を交わした。

麻生氏はファッションでも存在感を発揮した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は黒のソフト帽とロングコート、水色のマフラーをかけ、モスクワ便に乗るため成田空港を歩く麻生氏の写真を「ギャング・スタイル」の見出し付きで掲載。「(マフィアの)5大ファミリーのボス会議に行くの?」と紹介した。

http://mainichi.jp/select/news/20130217k0000m020084000c.html

麻生太郎

 

続きを読む

【まるでマフィア】モスクワに出かける麻生副総理が渋すぎると話題に

1 名前: ジャパニーズボブテイル(愛知県) 投稿日:2013/02/15(金) 13:04:07.29 ID:rbkSnYYu0

麻生さん渋すぎる。どこのマフィアだよw pic.twitter.com/plaLk7H7
麻生太郎

2013年2月15日 - 12:14
https://twitter.com/himaginari/status/302254556849528832


麻生副総理 G20に出発

円安・株高が進み、日本の経済政策に各国が関心を寄せるなか、麻生副総理兼財務大臣は、モスクワで開かれるG20、主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議に出席するため、15日午前、成田空港を出発しました。

先進国に新興国を加えたG20は、日本時間の15日夜からモスクワで始まり、安倍内閣にとっては、世界経済を議論する初めての大規模な国際会議になります。
会議には、日本から麻生副総理兼財務大臣と日銀の白川総裁が出席し、麻生副総理は15日午前、成田空港を出発しました。
大胆な金融緩和や財政政策を取る今の日本の経済政策には、各国から高い関心が寄せられ、同行筋によりますと、会議に合わせて麻生副総理に個別の会談の申し出が相次いでいるということです。
一方で、比較的早いスピードで進む円安に対して、ドイツや新興国の一部からは、輸出を有利にする為替誘導ではないかという懸念も出ているため、会議では、金融政策と為替相場への影響が主要な議題に浮上しています。
日本としては、先のG7、先進7か国の緊急声明を踏まえ、今の政策は円安への誘導を目的にしたものではなく、あくまでも日本経済のデフレからの脱却を目指したものだと説明する方針です。
さらに、麻生副総理は、財政再建や成長戦略の策定にも取り組んでいくことを強調し、各国の理解を得たい考えです。

麻生太郎
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130215/k10015538981000.html

 

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。