スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

【悲報】カプコンが、いくつかのゲームタイトルを開発中止していたこどが判明

カプコン、2013年3月期の連結業績を下方修正 ― 未発表の新作を数本開発中止

今回発表された内容によれば、2012年12月19日の時点での当期純利益予測であった65億円から29億円へ、55.4%の下方修正となりました。

大幅な下方修正を行った理由として同社はデジタルコンテンツ事業において、激変する市場環境に対応するために大規模な事業改善費用(連結で69億4900万円、個別で72億8700万円)を計上することになったためと報告しています。

一方でパチスロ機事業においては、旗艦タイトルである「バイオハザード5」の発売に伴い売上高が堅調に推移するとともに、為替差益の計上などもあり経常利益は前回発表予想を上回る見通しになったということです。

質疑応答では、いくつかのゲームタイトルについて開発中止が決定されたことが明らかになりましたが、既に発表されているタイトルではないとのことです。

http://gs.inside-games.jp/news/402/40289.html

 

・バイオ6 糞化 目標本数届かず
・DmC 名倉 目標本数届かず
・任天堂ハードにモンハン投入 売り上げ減
・ギンギラ 誰も得しないPS3/3DSマルチ 爆死

今年発売予定の主要タイトル
・ドグマ完全版
・モンハン4
・中華モンハン
・バイオリべHD
・リメンバーミー
・ロスプラ3

・逆転裁判5

これで利益出るのかね

そもそも、そんなに需要があるとは思えない『ロッスプラー3』これ、はなんでゴーサイン出したんや(´・ω・`)

前にカプコンが低迷していたときにモンハンで華麗に復活したけど、この先どうなるのやら・・・


関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。