スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

英国ロックバンドのMuse(ミューズ)、PVで“旭日旗”を使用し非難浴びる→謝罪し該当部分を修正(中央日報)

英国の有名ロックバンドのMuse(ミューズ)が新曲『Panic Station』をリリースし、 プロモーションビデオ(PV)に日本軍国主義を象徴する“旭日旗”を登場させて非難を浴びた。

22日(英国時間)、Museは新曲『Panic Station』のPVをYouTube(ユーチューブ)に公開し、 PVの冒頭部分の背景に旭日旗を使った。

これに対し、韓国をはじめとする世界ネチズンの間で非難が沸き起こり、論議が激しくなると Muse側はすぐに公式ツイッター(@muse)を通じて「映像作業は監督がしたもの」とし 「われわれは旭日旗が何を意味するのか全く知らなかった。できるだけ早く調査する」と伝えてから該当の映像を削除した。

引き続きMuseは「『Panic Station』に挿入されたグラフィックに関し、ミスを犯したことについて謝る」とし 「現在、該当部分について修正中で、間もなく新しいバージョンを公開する」と明らかにした。 Museは翌23日午前、旭日旗が削除された新しいPVを公開した。

2013年04月23日10時54分 [(c) ISPLUS/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/803/170803.html?servcode=700&sectcode=700

参考画像

 

修正前 (0:34~)

修正後 (0:28~)

 

韓国のサッカーの選手が日本人を差別するような行動を取り、責任問題に発展したら言い訳に困り「旭日旗がスタンドに・・」と発言し、調べてみると旭日旗はスタンドになくてこれではマズいと思った韓国の国民全員が、選手の擁護と話題そらしのために突如、旭日旗はハーケンクロイツと同じ物で日本軍の虐殺のシンボルだと言い張り始めて、世界中のあらゆるとこで、さらには韓国国内でも普通に飾られてたこの旗を突然敵視するようになり、見るだけで戦争を思い出すとか戦争体験した事のない若い人達も凶弾を始め、現在に至ります。

キ・ソンヨン「観客席にある旭日旗を見た胸は涙が出た」

この日韓戦の前半22分、PKを決めた奇誠庸(キ・ソンヨン)がカメラの前に走って行き、日本人を人種差別するために左手で顔をかくしぐさの「猿セレモニー」をして国際問題となった際に、苦し紛れに「観客席にあった旭日旗を見た時は涙が出る思いだった」と嘘を述べたのだ。
1月の日韓戦の前半22分、PKを決めた奇誠庸(キ・ソンヨン)がカメラの前に走って行き、日本人を人種差別するために左手で顔をかくしぐさの「猿セレモニー」
日韓戦でPKを決めた奇誠庸(キ・ソンヨン)がカメラの前に走って行き、日本人を人種差別するために左手で顔をかくしぐさの「猿セレモニー」

1月の日韓戦の前半22分、PKを決めた奇誠庸(キ・ソンヨン)がカメラの前に走って行き、日本人を人種差別するために左手で顔をかくしぐさの「猿セレモニー」
非難の声が高まると、有りもしない「旭日旗」を見たからだと嘘を吐いた。

画像

中央日報は、日本語版でも同じ記事を載せています。

<アジア杯>韓日戦、「キム・ヨナ悪魔仮面」「旭日旗」に非難集中
サッカー韓日戦に使用された日本側の応援道具に対するネットユーザーの非難が激しい。
25日に行われたアジアカップ準決勝の韓日戦で、日本側の応援席に「旭日旗」と「キム・ヨナ悪魔仮面」が登場した。
一部の日本サッカーファンがフィギュアスケート選手キム・ヨナの顔写真を切り取って作った「キム・ヨナ悪魔仮面」をかぶって競技を観戦しているのがテレビに映った。 また競技場に旭日旗が掲揚されている場面も見えた。
旭日旗は日本帝国時代に使われた旧日本軍の軍旗で、過去に韓国をはじめ周辺国を侵略して植民地にした日本帝国主義の象徴だ。
試合が終わった後、ネットユーザーは各種オンライン掲示板で「あれはちょっと違う」「世界的に非難されている旭日旗をまだ使うのは失礼だ」「キム・ヨナの顔に角とは…」などの反応を見せている。
中央日報(日本語)2011/01/26

確かに、中央日報の記事では日本の前田選手の後方に旭日旗が見えます。この時、前田選手の背番号(トランクスとか胸にも付いています)が「12番」になっています。

画像

ところが・・・
前田選手はアジア杯から三浦カズ選手がつけていた背番号「11番」に変わっているので、中央日報の、『TVで「競技場に旭日旗が掲揚されている場面も見えた」と言う記事に挙げている写真』はあり得ないのです。

画像

これはどういうことでしょう?もう一枚写真を見てください。

画像

朝日新聞(asahi.com)の「サッカー日本代表フォトギャラリー 国際親善試合・韓国戦」からの一枚で、「2010年10月12日ソウル・W杯競技場」という説明が付いています。胸の番号が見にくいので、もう一枚同じサイトからの写真です。

画像

こちらの方が前田選手が「12番」を付けているのがわかります。つまり中央日報は、前田選手の背番号が変わったことに気づかないまま、昨年韓国のソウルで行われた日韓親善試合の写真を使って今回TVに映ったという事にしたのです。

 

 

旭日のデザインに悪い意味なんて無い。それは韓国が勝手にそう受け取ってるだけ。武将の必勝祈願の旗にも大昔から使われていたし、日本文化で昔から使われていたし、大漁旗などでもごく一般的なデザインだ。

既製品の大漁旗の他に子供が生まれたとか結婚したとかの慶事の記念で自分だけのオリジナルの文字やデザインを入れた大漁旗を作る人も居る位。

戦国時代の武将も旭日の模様を使ったほど、縁起の良い模様。太陽とそこから出る光線を示す図柄なのだから当然か。
http://www.harimaya.com/o_kamon1/yurai/a_yurai/pack2/hiasi.html
http://www.harimaya.com/kamon/column/hiasi.html

旭日旗のデザインは「軍旗として使用されてもいる」というだけで、他にも大漁旗や某新聞社の社旗などに広く見られる一般的なデザインだ。世界の人が毎日必ず昼間にはお世話になる太陽とそこから出る太陽の光をデザインした物なのだから、これほど自然で一般的なデザインもない。日本にはこんな会社さえ有るほどこのデザインは一般から慣れ親しまれている。
http://www.tairyoubata.com/
http://www.tairyoubata.com/bsbs.html

サッカーチームは勝利を目指してしのぎを削る闘いに臨む。この運命共同体=嵐に立ち向かう船のクルーのようなものだ。日本の船、艦船を識別する旗であり、かつ国旗に準ずる旗でもある旭日旗は必勝祈願にも使われ、戦国武将も多く使い、現在も大漁旗などにも使われる縁起のいい図柄。これこそ試合にぴったりのふさわしい旗だ。

 

それを勝手に「私が」不快感を覚えるから、「私が」使うべきでないと「思う」からと言いがかりを付けて禁止しようとするのはいかがな物か。
「俺が不愉快だから」という感情を理由に、他人の行動の自由を規制する事にどんな正当性が有るのだろうか?

 


http://14819219.at.webry.info/201101/article_20.html

韓国人「旭日旗を使ってもいい理由を説明する」 カイカイ反応通信
http://blog.m.livedoor.jp/kaikaihanno/article/26906773?guid=ON


関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。