スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

橋本市長の慰安婦発言を、AP通信・BBC“sex slaves”として世界中に配信

米有力紙も報道
2013.5.14 13:58

橋下徹大阪市長が旧日本軍の従軍慰安婦を容認する発言をしたことについて、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は13日、
発言の内容と、日本国内や韓国政府高官からの批判を東京発で報じた。AP通信も同日、「戦時中の性奴隷は必要だったと大阪市長」との見出しで伝えた。

ニューヨーク・タイムズは橋下氏について、将来の首相候補とみる人もいると紹介。橋下氏の発言は国会議員や人権団体から直ちに非難されたと伝えた。

安倍晋三首相が「侵略」について「どちらから見るかということにおいて(評価が)違う」と述べたとも指摘し、橋下氏の発言は、第2次大戦中の歴史が歪曲されているとする日本の政治家による一連の発言に連なっていると位置付けた。

米紙ワシントン・ポストも13日、橋下氏の発言を伝えるAPの記事を電子版に掲載した。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130514/amr13051414010010-n1.htm

Osaka mayor says wartime sex slaves were needed to ‘maintain discipline’ in Japanese military
http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/osaka-mayor-says-wartime-sex-slaves-were-needed-to-maintain-discipline-in-japanese-military/2013/05/13/4151bac4-bc43-11e2-b537-ab47f0325f7c_story.html

Japan WWII 'comfort women' were 'necessary' – Hashimoto 英BBC

Some 200,000 women in territories occupied by Japan during WWII are estimated to have been forced into becoming sex slaves for troops.

http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-22519384

 

橋下氏ツイッターで「アメリカはずるい」「米軍基地の周囲で風俗業が盛んだったことも歴史の事実」

日本維新の会の橋下徹共同代表は14日、第二次世界大戦中の旧日本軍による従軍慰安婦制度について、自らのツイッターで「当時の世界各国の軍が、軍人の性的欲求の解消策を講じていた」と述べ、当時は必要だったとの認識を改めて示した。一方で、「今の視点で慰安婦が良いか悪いかと言われれば、それは良いことだとは言えない」とも書き込んだ。

ツイッターで橋下氏は「人間に、特に男に、性的な欲求を解消する策が必要なことは厳然たる事実」として、他国の軍でも慰安婦が「性的欲求不満解消策」に活用されていたと主張した。

沖縄県の在日米軍に風俗業の活用を求めたことへの批判が広がっていることに対しては、「法律上認められている風俗業を否定することこそ、当該女性に対する差別だ」と反論。「アメリカはずるい。アメリカは一貫して、公娼(こうしょう)制度を否定する。しかし米軍基地の周囲で風俗業が盛んだったことも歴史の事実」と書き込んだ。

一方、「日本の侵略の事実、植民地政策の事実を敗戦国として認め、反省とおわびをしなければならないことは大原則」とも強調。「当時の経済状況下では女性がそのような職に就かざるを得なかった場合もあるだろうから、全て良しとは言えない」と述べた。

毎日新聞 2013年05月14日 12時29分(最終更新 05月14日 12時43分)
http://mainichi.jp/select/news/20130514k0000e040171000c.html

加えて僕が米軍に進言したのは、きちんと米兵の性的エネルギーをコントロールして欲しいと言うこと。
これは時代を超えて、軍のオペレーションの最大の課題。
そして法律上認められている風俗業の活用を持ち出したが、批判する人は風俗業を知らないだろうな。
https://twitter.com/t_ishin/status/334196003672584193

風俗業=売春業と早合点して、そんなことは法律では許されていない!と言う声。
うちの母親もすぐにメールしてきた。今の法律では売春業は認められていない。
しかしそのレベルに達しない所で、風俗業が法律上認められている。要は最後の性行為に至らないところでの風俗業。
https://twitter.com/t_ishin/status/334196635141816321

批判者は、風俗業=売春業=性行為と短絡的に考えているね。
日本人は賢いから、性行為に至る前のところで、知恵をこらしたサービスの提供を法律の範囲でやっているよ。
そして今の日本の現状からすれば、貧困からそこで働かざるを得ないと言う女性はほぼ皆無。皆自由意思だ。だから積極活用すれば良い。
https://twitter.com/t_ishin/status/334197169198354432

もし昔の時代のように、貧困から意に反して風俗業で働いている女性が多いと言うのであれば
そもそも風俗業自体を禁止にしなければならない。しかし今の法律ではそうは考えていない。
昔の身売りの時代とは異なる。女性も自ら考えて職に就いている。嫌なら他の仕事に就けばいい。それが日本の風俗業の現実
https://twitter.com/t_ishin/status/334197654357680128

兵士の性をどのようにコントロールするか。それはいつの時代にあっても軍のオペレーションとしての最重要課題。
だから沖縄の米軍基地を訪問したときにもう少ししっかりとやって欲しいと司令官に言ったんだ。
法律上認められている風俗業を活用してはどうかと言ったら拒否された。売春じゃないんだけどね
https://twitter.com/t_ishin/status/334198598231281664

 

【読売新聞】従軍慰安婦問題、朝日新聞の誤報道が日韓の外交問題となり河野談話で曲解広まる

従軍慰安婦問題は1992年1月に朝日新聞が「日本軍が慰安所の設置や、従軍慰安婦の募集を監督、統制していた」と報じたことが発端となり、日韓間の外交問題に発展した。

記事中には「主として朝鮮人女性を挺身(ていしん)隊の名で強制連行した」などと、戦時勤労動員制度の「女子挺身隊」を“慰安婦狩り”と誤って報じた部分もあり、強制連行の有無が最大の争点となった。

宮沢内閣は同年7月、軍による強制徴用(強制連行)の裏づけとなる資料は見つからなかったとする調査結果を発表した。
しかし、韓国国内の日本批判は収まらず、政治決着を図る狙いから、翌93年8月、河野洋平官房長官(当時)が、慰安所の設置、管理、慰安婦の移送について軍の関与を認め「おわびと反省」を表明する談話を発表した。

ところが、河野談話によりかえって「日本政府が旧日本軍による慰安婦の強制連行を認めた」という曲解が広まったため、第1次安倍内閣は2007年3月、「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった」とする政府答弁書を閣議決定している。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130514-OYT1T00220.htm


日本語の慰安婦に性奴隷という意味は全くないし、橋下氏は性奴隷が必要とは一言も言ってないけど・・・

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。