スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

韓国「スタッフがイラン選手を暴行? 日本メディアの偏向報道ニダ!」

【サッカー】「スタッフがイラン選手を暴行?日本メディアの偏向報道だ」ゲキサカの記事に韓国メディア反発

18日に行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選の韓国-イラン戦で、試合直後に韓国チームのスタッフがイラン選手に暴行を加えたとして波紋を広げている。

ユーチューブには問題の映像が掲載されており、日本のインターネット上には韓国を非難する声が溢れた。

映像を見ると、勝利によろこびフィールドを駆け回った1人のイラン選手が、韓国チームの側を通りかかったところ、相次いで韓国チームのスタッフに顔の辺りを肘で殴られていた。
殴られた選手は抗議する姿勢を見せたが周りに制止され、大きな騒動には繋がらなかった。

日本のメディアは「韓国チームスタッフがイラン選手に暴行か」などと報じ、主要ポータルサイトもトピックスに取り上げ大きな関心が集まった。

だが、日本での関心の高さとは裏腹に、韓国ではこの一件についてほとんど報じられていない。
取り上げた数少ないメディアのひとつ「マネートゥデイ」は、騒動について紹介したものの、「日本のメディア『ゲキサカ』が韓国チームスタッフがイラン選手に対して暴行を加えたとの偏向報道をした」と伝え、記事を通じて逆に日本を非難した。

記事は、「(ゲキサカが記事を通じて)韓国チームに対して露骨な反韓感情を見せた」とし、「ゲキサカの記事は19日午前の時点でヤフーの最大照会数を記録した。日本のネットユーザーたちは試合前後の状況を知らないまま、『(韓国チームは)サッカーをする資格はない』『未だ最低レベル』などのコメントを寄せた」と日本の様子について紹介しながら不快感を示した。

http://news.livedoor.com/article/detail/7781244/

韓国チームスタッフがイラン選手に暴行か(ゲキサカ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130619-01120491-gekisaka-socc

 

理由はどうあれ暴力は暴力だろ
頭突きしたジダンは挑発してきたマテラッツィより重い処分を受けたよ、韓国人の自己正当化にはうんざりだね

日本がブラジルに負け、中国がタイに負けたことを「アジアの恥」と嘲ったけど、殴りかかったことに留まらず、逆切れしてイランを批難するこういう態度こそが「アジアの恥」だよ。


関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。