スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

セルジオ越後氏「コンディションが悪かったイタリアに4失点を喫して負けた、惜しいとか言ってる場合じゃない」

コンフェデレーションズカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、日本代表がイタリア代表と対戦。EURO2012準優勝の強豪相手に一時は2点をリードしながら、打ち合いの末に3─4で敗れた。
連敗を喫した日本はこれでグループリーグ敗退が決定した。

サッカーキングの取材に対し、セルジオ越後氏は次のように語った。

「イタリア代表は中2日ということもあり、かなりコンディションが悪かった。というより、日本をなめていたのか、調整に失敗したという感じだったね。その相手に対し、4失点を喫して負けた。惜しい、惜しいとメディアは騒いでいるが、結果的にイタリアは内容が悪くても勝って、日本は1試合を残してグループリーグ敗退が決まった。この差をどう受け止めるかだ」

「勝てるチャンスはもちろんあった。それを生かしきれなかったのは、個人の問題、チームの問題、監督の問題、いろいろある。とりわけ監督の采配はやはりよく分からなかった。前半を1点リードで折り返した試合をどう運んでいくのか。ハーフタイムにどんな指示を飛ばし、交代枠をどう使うのか。
酒井宏樹とハーフナー・マイクが入って何かが変わったか。なぜ最後の1枚の投入がロスタイムなんだ? これは結果論だろうか。僕はそうは思わないよ。采配によって流れを変えるのが監督の仕事だからね」

「強豪相手の惜敗、なんていう見出しが踊るのだとすれば、1998年のフランス大会から日本は何も進歩していないことになる。ブラジルには『惜敗』なんて言葉はない。今日のイタリアは、勝ってもさんざん叩かれるだろう。日本は負けたのに、ワイドショーでバカ騒ぎする。本気で世界のトップを目指すなら、そういうのはもうやめようよ」

□SOCCER KING
http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20130620/117907.html

 

【サッカー】イタリア代表FWバロテッリが日本を称賛「驚くべきチームだ」

コンフェデレーションズ杯は19日、グループリーグA組の第2戦を行った。イタリア代表は日本代表を4-3で下し、2連勝でグループリーグ突破を決めた。
第3戦は22日に行われ、イタリアはブラジル、日本はメキシコと対戦する。

後半に入ってすぐに同点に追いついたイタリアは、同7分にFWマリオ・バロテッリがPKを決めて勝ち越しに成功。一度は同点に追いつかれるが、終了間際の同41分にMFセバスティアン・ジョビンコが決勝点を奪い勝利した。
押されている中で、ワンチャンスをきっちりものにする決定力。
さすがの勝負強さを見せ、最終戦を残してのグループリーグ突破を決めた。

予想を覆す壮絶な打ち合いを演じた両チーム。イタリア代表の選手たちも日本代表の健闘を称えている。バロテッリもツイッターを更新し、

「Japan congratulation great match amazing team!
(日本、おめでとう、素晴らしい試合、驚くべきチームだ!)」と日本代表を称賛している。

http://web.gekisaka.jp/396547_120545_fl

 

イタリア代表GKブッフォン「今まで代表でこんなにシュートを打たれたことはない。スペイン相手でもなかった」

イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは19日(日本時間20日)に行われたコンフェデレーションズカップの日本戦を振り返り、苦戦しながらも勝利を収めたことへの安堵感を口にしている。イタリア『トゥットスポルト』が同選手のコメントを伝えた。

FIFA公式データによれば、この試合で日本が放ったシュートは17本。
イタリアが0-4で敗れたEURO2012決勝でスペインに打たれた14本を上回った。
ブッフォンは代表マッチでこれほどシュートを打たれた経験はないと語る。

「外から見ている人たちは間違いなく楽しめたと思う。でも僕らにとっては、これだけ色々なことが起こるのは普通じゃなかった。いつもの僕らはバランスの取れたチームだ」

「代表でこんなにシュートを打たれるのは今までになかったことだ。
スペインとの(EURO2012)決勝でもなかった。本当に何が起こってもおかしくなかったし、どんな結果になってもおかしくなかった。最終的には僕らにとって良い結果になったけどね」

後半に岡崎慎司のシュートがゴールポストの内側を叩き、押し込もうとした香川真司のヘディングがクロスバーをかすめた場面や、前半に岡崎を倒してPKを取られたプレーについては次のように振り返っている。
「最初の(岡崎の)シュートに少し触ることができて、その後はうまくいった。PKはPKじゃなかったと思う。先にボールに触って、それから相手がぶつかってきたんだから」

http://web.gekisaka.jp/396581_120566_fl

 

イタリア代表MFデ・ロッシ、日本に賛辞「彼らは素晴らしかった。これまでのキャリアで最も難しい試合の一つだった」

イタリア代表は19日、コンフェデレーションズカップ・グループA第2節で日本代表と対戦し、4-3で勝利を収めた。MFダニエレ・デ・ロッシは試合後、いかに苦しかったかを語っている。

MF本田圭佑のPKとMF香川真司のゴールで2点のビハインドを負ったイタリアは、前半終盤にセットプレーからデ・ロッシが1点を返すと、後半の立ち上がりにオウンゴールとFWマリオ・バロテッリのPKで逆転に成功する。

だが、イタリアは69分、フリーキックからFW岡崎慎司のゴールで3-3と追い付かれてしまう。
それでも、86分にFWセバスティアン・ジョヴィンコのゴールで勝ち越し、2連勝でベスト4進出を決めはしたが、デ・ロッシはイタリア『スカイ』で次のように語った。

「苦しかったね。キャリアで最も難しい試合の一つだった。良い結果だったととらえよう。でも、僕らはこの勝利にふさわしくなかった」
「日本に賛辞を送ろう。彼らは素晴らしかった。僕らはそうじゃなかったけど、勝ち進むことができたね」

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/headlines/article/20130620-00000004-goal

 

【海外の反応】 日本代表イタリアに敗戦も、世界からは健闘を称える声!

・今夜の日本は敗戦に相応しくない・・・ずっとお互い攻撃しあっていたな・・・試合見る価値あったわ

<マンチェスター・シティサポ>
・イタリア対日本なんて試合だよ!

<イタリア>
・日本に敬意を でも、イタリアは次へ進む ;)

<アーセナルサポ>
日本は不当に勝ち点を奪われたな 敗退するに相応しくない 手短に言えば、ここ数カ月でベストゲーム

<アメリカ>
・この大会ベストゲーム:日本対イタリア

<ロンドン>
・スリリングで面白い試合だった!ゴールポストを3回叩いた日本に同情 素晴らしいパフォーマンスだったよ!

<チェルシーサポ>
・日本はブラジル戦捨ててたろ 今夜は全く違うチームだった

<ナイジェリア>
・イタリアが勝利したが日本は誇っていいよ... サッカーの結果は時に残酷だ!

・長い間でベストゲーム 日本がより優れたチームだったわ 香川、本田、長友、卓越していた!

http://nofootynolife.blog.fc2.com/blog-entry-424.html

 

まぁ確かにイタリアといい試合しちゃったという満足感が漂ってるな、それにしても勝てる試合だったのにねぇもったいない・・・次のメキシコ戦も厳しい戦いになると思うけど最後まで気持ちを切らさずに頑張って欲しい、と言うか頑張れ!


関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。