スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

イランが韓国観衆のペットボトル投擲をFIFAに提訴! 中央日報「原因を提供したのはイラン選手たち」

<W杯サッカー>イラン、ペットボトル投げ込んだ韓国観衆をFIFAに提訴

2013年06月24日14時13分
[ISPLUS/中央日報日本語版]

イランサッカー協会が、韓国の観衆がペットボトルを投げ込んだとして国際サッカー連盟(FIFA)に提訴をしたことを一歩遅れて知らされた。

イランのサッカー専門メディアのペルシアンフットボールは24日、「イランサッカー協会が18日に蔚山文殊(ウルサン・ムンス)競技場で開かれた2014年ブラジルワールドカップ(W杯)アジア最終予選第8戦の韓国との試合後、韓国観衆が自国選手に向かってペットボトルを投げ込んだことに関してFIFAに提訴した」と報道した。このメディアは「イランサッカー協会が、観衆の危険な行動に対する主張を裏付ける証拠文書を添付してFIFAに送った」と付け加えた。

韓国観衆は18日、非マナーサッカーを繰り広げたイランに0-1で敗れた後、イラン選手たちにペットボトルを投げ込んだ。イラン選手たちは自国の国旗を振って競技場を飛び回るなどして観衆たちを嘲弄し、原因を提供した。またイラン代表チームのカルロス・ケイロス監督は韓国戦の後、韓国代表チームのチェ・ガンヒ前監督に向かって拳を突き上げるなどの常識外れの行動をした。

またこれに先立ちケイロス監督は、チェ監督がウズベキスタンのユニホームを着た合成写真をつけたTシャツを着て撮った写真が公開されて論議を起こしていた。韓国サッカー協会もカルロス監督の“拳”ジェスチャーに抗議する公文書を19日FIFAに送った。

http://japanese.joins.com/article/075/173075.html?servcode=600&sectcode=610

参考動画 韓国観衆のペットボトルがイラン代表の頭に直撃

 

「殴ったほうが訴える……?」横暴やまないサッカー韓国代表に、世界中から非難の目

サッカー韓国代表が18日、ホームで行われた2014年W杯アジア最終予選でイランに0-1で敗れたものの、グループ2位で本大会出場を決めた。

3位のウズベキスタンとは勝ち点で並び、得失点差で1点上回っただけという、まさにギリギリの予選通過。だが、その裏で、韓国のスポーツマンシップにもとる行為が起きていた。

「韓国に勝利し、W杯出場を決めて喜ぶイランのゴールキーパーを、韓国のチームスタッフらが殴りつけたんです。暴力沙汰だけでも許されないのに、さらに韓国はイラン代表のカルロス・ケイロス監督が勝利でガッツポーズをしたことに対して、挑発的だと国際サッカー連盟(FIFA)とアジアサッカー連盟(AFC)に提訴する考えだというから、開いた口がふさがりません」(サッカーライター)

両者の諍いには伏線があった。昨年10月、同予選で韓国はアウェーでイランと対戦したが、0-1で敗戦。このとき、韓国代表に出発当日ギリギリまでビザが発給されなかったり、現地に到着後も照明のない練習場を与えられたりと、イランにさまざまな嫌がらせを受けたのだ。いってみれば、アウェーの洗礼である。その遺恨が、今回の事態に発展したのだろう。

「中東のチームと戦うときには、こうした嫌がらせは普通のこと。アウェーの洗礼は、日本代表だって受けていますよ。でも、だからって、ピッチ上で相手の選手を殴ったりしないでしょう? スポーツマンシップのかけらもない。もう論外ですよ。韓国としては、“イランの嫌がらせが原因で負けた”と言いたいのでしょうが、それが韓国の実力なんですよ。ケイロス監督の態度が挑発的だと批判しますが、韓国が日本に勝利したときの挑発的な態度はどう説明するのでしょうか? 言い分が一方的で、まったく話になりません」(同)

http://news.infoseek.co.jp/article/cyzo_20130622_438791

  /\___/\ / /    ヽ ::: \ | (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < ま~た始まった |   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______ \  `ニニ´  .:::/ /`ー‐--‐‐―´´\


関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。