スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国に勝利したイランの選手が大喜び → 韓国「ウルァッ((((<;`Д´>≡⊃)`Д)、;'.・」

韓国に勝利したイランの選手が大喜び → 韓国側がイランに暴行

韓国ファンがイラン代表団に缶ジュースを投擲して頭部に直撃

 

続きを読む

【W杯アジア予選A組】イランが勝って本大会へ!「血の涙を見せてやる」と豪語した韓国は負けて出場決定の恥辱

サッカー韓国代表FW孫興民(ソン・フンミン)、韓国批判のイラン代表選手に「血の涙を流させてやる」と挑発

2014年サッカーW杯ブラジル大会(2014 World Cup)アジア最終予選のグループAのイラン戦を控え、韓国代表選手がイラン代表の主将に「血の涙を流させる」と発言し、18日の直接対決を最悪の状況で迎えることになりそうだ。
両国の間で繰り広げられている激しい舌戦はヒートアップする一方となっている。

韓国のソウル(Seoul)で行われる一戦では、イラン代表は勝利が絶対条件となっているのに対し、韓国代表は勝ち点1以上で本大会の出場権を獲得することができる。

これまでに韓国代表の崔康煕(Choi Kang-Hee、チェ・ガンヒ)監督がイランに「苦痛を与える」と発言したことを受け、イラン代表のカルロス・ケイロス(Carlos Queiroz)監督と主将ジャバド・ネクナム(Javad Nekounam)は痛烈にこれを批判していたが、新たに韓国代表選手がかみついた。

ドイツ・ブンデスリーガ1部のハンブルガーSV(Hamburger SV)に所属する孫興民(Heung Min Son、ソン・フンミン)は、「彼(ネクナム)に血の涙を流させてやる。彼はしゃべりすぎることで有名だ。俺は言いたいことはピッチで表現する。俺たちは3点、4点奪って勝ってみせる」と挑発した。

対立の発端は2012年10月にテヘラン(Tehran)で行われた遠征でビザの発給や粗悪な練習施設などでひどい扱いを受けたと韓国側が不満を噴出させたことにある。
同試合は激戦の末、韓国が0-1で敗れている。
崔監督は遠征時の記憶は今も選手の中に鮮明に残っていると語り、本拠地で迎えるイラン戦を前に相応の復讐を誓った。これを受けてケイロス監督とネクナムは崔監督を「恥知らず」と糾弾した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130617-00000037-jij_afp-socc

 

「復しゅうはサッカーでする。血には汗で応える」--。

サッカーイラン代表のカルロス・ケイロス監督は17日、蔚山(ウルサン)文殊ワールドカップ(W杯)競技場で行われた記者会見で冷静な姿を見せた。
しかし孫弘敏(ソン・フンミン、レバークーゼン)が数日前、「イランのネクナムの目から血の涙を出させる」と発言したことに対してはコメントした。

ケイロス監督は「30年間、英国やスペインなどで監督をしてきたが、このような血と復しゅうのサッカーは経験したことがない。もうやめるべきだと思う。
復しゅうはサッカーで、血には汗で応える」と述べた。

イランの主将ネクナム(エステグラル)は「孫弘敏の発言に対して直接コメントする必要は感じない。
しかし付け加えていうなら、血の涙は特別なものでもない。
母国のために命を捧げることもできる」と受け返した。

http://japanese.joins.com/article/850/172850.html?servcode=600&sectcode=610&cloc=jp|main|inside_right

 

続きを読む

ネイマール「パクチソン? 中田だろ、ナ・カ・タ」

ブラジルの強豪サントス、日本代表へW杯出場お祝いメッセージ 「(クラブW杯で)温かく迎えてもらった。恩返しがしたい」

ブラジルサッカーの強豪クラブ、サントスは14日までに、日本代表のワールドカップ(W杯)出場を祝うメッセージビデオを作製し、インターネットで公開した。
所属選手らが「ようこそ、ブラジルへ」と日本語でメッセージを寄せ、かつて所属していた三浦知良が2011年12月に訪問した際の映像も使われている。

サントスは11年のクラブワールドカップで日本を訪れており、「東日本大震災で大きな被害を受けたのに、温かく迎えてもらった。恩返しがしたい」としている。

http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2013061401042

動画
祝!ブラジルW杯出場決定!サントスから日本の皆さんへ☆☆ -
Elenco do Peixe parabeniza selecao japonesa!

 

続きを読む

【野球】統一球問題、加藤コミッショナー「全く知らなかった」 下田事務局長「昨夏コミッショナーと相談して決めた」

プロ野球の統一球を飛びやすく変更しながら公表していなかった問題で、日本野球機構(NPB)の加藤良三コミッショナーが12日、東京・内幸町のNPB事務局で記者会見し「事実を隠蔽する意図はなかったが、混乱を招いたことはおわびしたい」と謝罪した。進退について「不祥事を起こしたとは思っていない」として辞任を否定した。

同コミッショナーは変更した事実について「昨日(11日)まで全く知らなかった」「(事前に)知っていたらNPBとして公表していた」と自らの関与はなかったとし「ガバナンス(統治)の強化に取り組む」と繰り返した。

NPBの下田邦夫事務局長は11日、昨夏にコミッショナーと相談して変更を決めたとした。
12日は、報告しなかったと発言を翻した。自身の進退について「コミッショナーの判断に任せる」と話し「私の心の中で考えていることはある」と含みを持たせた。

統一球を製造するミズノ社の担当者が同席し、球の芯にあるゴム材の配合比率を変えて反発力を上げたことを明らかにした。下田事務局長らによると、昨年までの検査で規定より反発力が低すぎる球が多かったことから、昨秋に同社に調整を依頼し、今季開幕前に入れ替えが終了した。混乱を招くことを防ぐため、公表しなかった。NPB側で知っていたのは、下田事務局長のほかには2人だけだったという。

今季は過去2年に比べて本塁打数が増加。日本プロ野球選手会が11日のNPBとの事務折衝で統一球の検証と説明を求め、新しい球を使っているという説明を受けた。NPBはこれまで、球団や選手に経緯を明らかにしていなかった。

▽鶴岡秀樹ミズノ取締役の話 申し訳ないことをしたと反省している。命懸けで戦っている
選手と、支えてくださるファンの方々を欺く形になり、申し訳ない。


スポニチ:
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/12/kiji/K20130612005999640.html

 

続きを読む

【W杯サッカー】韓国、終了間際に謎のファールで同点に追いつき引き分け

かろうじて勝ち点1点を追加したが、失望感を与える試合だった。2014ブラジルワールドカップ(W杯)本大会への道も険しくなった。チェ・ガンヒ監督が率いる韓国サッカー代表が苦戦の末、レバノンと引き分けた。

韓国は5日未明、レバノン・ベイルートのスポーツシティスタジアムで行われた2014ブラジルW杯アジア最終予選A組のレバノン戦で、前半12分にハッサン・マトゥクに
先制ゴールを許したが、後半ロスタイムに金致佑(キム・チウ、FCソウル)の同点ゴールが決まり、1-1で引き分けた。

中略

同点ゴールは後半終了間際に生まれた。ロスタイムに得たFKを金致佑(キム・チウ)がシュートを放つと、壁をつくった相手選手の頭に当たってコースが変わり、ボールはゴールに入った。この日、動きがよかった金致佑が、敗戦を目前にしていた韓国代表を救った。

試合は失望を与える一戦だった。当初心配された試合以外の変数は問題にならなかった。グラウンドの状態は悪くなかったし、レーザー攻撃など観客のマナー違反もなかった。競技場の周辺は現地の軍隊と警察が徹底的に警備した。

チェ・ガンヒ監督は後半、韓国栄、金甫ギョン(キム・ボギョン)、李根鎬(イ・グノ)を抜いて、金信旭(キム・シンウク、蔚山)、孫弘敏(ソン・フンミン、ハンブルク)、池東源(チ・ドンウォン、サンダーランド)ら攻撃的な選手を投入したが、結局、ゴールは金致佑の足から生まれた。

惜しまれるドローで、韓国代表のブラジルW杯本大会進出も迷宮に入った。ウズベキスタンと韓国(ともに勝ち点11点)とイラン(10点)が上位でひしめき合い、残りの2試合も安心できなくなった。韓国がW杯本大会直行チケットが与えられる2位以内の順位を維持するためには、残りのウズベキスタン戦とイラン戦で事実上2勝しなければならないという負担を抱えることになった。

http://japanese.joins.com/article/379/172379.html

 

続きを読む

キム・ヨナ事務所、採点に疑問を持っただけで日本人ライターの提訴検討

1 名前:五十京φ ★ 投稿日:2013/04/10(水) 17:30:52.44 ID:???0

フィギュアスケートのキム・ヨナ選手の事務所が、採点についての疑問を著書として発表した日本のフリーライターを相手取って、損害賠償などを求めて提訴を見当している、と10日、複数の韓国メディアが伝えている。

日本のフリーライターとは、「黒猫」のハンドルネームでフィギュアに関するブログを運営している。
このたび「フィギュアスケート 疑惑の高得点」(猫宮黒埜、東京図書出版)を出版し、一部で話題となっている。

著書の目次には、キムヨナ疑惑の高得点、新採点誕生の経緯、など採点に関しての考察がなされているようだ。

ヨナ選手はこれまでにも、なぜ高得点なのかが一部で疑問視する声もあり、
過去には、尻もちをついたが、シーズン最高得点が出た際には、テレビ東京の番組で浅田舞央選手の実姉である舞さんが
「審判が好きなんですかねぇ?」とコメントしたこともあった。

最終更新:2013年04月10日 11時45分
http://media.yucasee.jp/posts/index/13271

フィギュアスケート 疑惑の高得点

 

続きを読む

松井秀喜氏の国民栄誉賞に批判殺到! 「ミスターはよいとして、なぜ、今、松井なんだ?」

1 名前: メインクーン(新疆ウイグル自治区) 投稿日:2013/04/01(月) 22:38:35.64 ID:2hLbDIxh0

【違和感】長嶋茂雄氏と松井秀喜氏の国民栄誉賞に賛否両論 / ネットの声「なぜ今?」「ミスターはわかるが松井?」「イチローは?」「野茂が先では」

【長嶋&松井国民栄誉賞に対するTwitterの声】

・ミスター長嶋はいいけど……編
「長嶋の今さら感と松井の違和感」
「長嶋さんは納得だが、松井さんは何故(?_?)」
「ミスターはともかく松井は…」
「長島さんはわかるがなぜに松井さん?」
「長嶋さんの国民栄誉賞は納得がいくんだけど、松井は…どうなんだろう?」
「長嶋はいいけど松井はねーだろ・・・」
「長嶋はわかるが松井が国民栄誉賞とかどうよ」
「まあ、長島茂雄はよいとして、なぜ、今、松井なんだ?」

・野茂英雄&イチロー編
「松井に国民栄誉賞って話が出てるけど、個人的には松井より野茂にあげて欲しいわ」
「松井より野茂が先だろ」
「松井よりは野茂に…」
「松井が貰えるならば、先に野茂じゃないの?」
「なんで松井なん?イチローやろ!」
「マジ話!? 松井!? イチローも野茂ももらってないよね!?」

・違和感編
「個人的に松井の大ファンだけに、この抱き合わせ的で、かつ時期も意味も不明瞭な受賞は残念。」
「ファンには怒られるかもしれんけど、松井の国民栄誉賞はちょっと甘くね?」
「セットじゃなくて別々にすればいいのに… ミスターなんてもっと早くにあげるべきだったし」
「長嶋さんにはあまりに遅すぎる」

http://rocketnews24.com/2013/04/01/311173/

 

続きを読む

栗城史多氏凍傷後の経過を報告、再生治療で「新たな肉が再生してる」

1 名前:禿の月φ ★ 投稿日:2013/04/01(月) 17:10:46.42 ID:???P

登山家の栗城史多氏(30)が1日、都内で行われた保険流通会社フィナンシャル・エージェンシーの入社式に特別ゲストとして出席した。

昨年8月末に4度目となる単独・無酸素エベレスト登頂に挑戦するも失敗に終わり、指9本を凍傷していた栗城氏は、この日、両手を包帯で覆って登場。帰国直後に第二関節から先の切断を医者から告げられていたが、「どの医者にも無理と言われてきたが、現在東京大学医学部の方と再生治療に挑戦しています」と切断せずに治療していることを報告。

経過については「凍傷した肉の境目から、新たな肉が再生しています」と少しずつ回復に向かっていると明かし、今後は「凍傷した指をしっかりと治し、再びエベレストに行きたい」と5度目の挑戦に意欲をみせた。

この日、栗城氏は「意識を変え高い目標・志を実現していく方法」をテーマに、新社会人に自身のニート時代から現在に至るまでの経験を紹介。
登山を始めたきっかけについても「実は登山が最初から好きではなかった」といい、「僕をフッた彼女が実は登山がものすごく好きだった。見返してやろうと思って始めた」と今に至るきっかけを明かし、会場を盛り上げた。

ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2023203/full/
画像:フィナンシャル・エージェンシー入社式に特別ゲストとして出席した栗城史多
栗城史多 栗城史多

 

続きを読む

【WBC】山本監督「(世界一の強肩と言われる捕手相手に)ダブルスチールを“してもいい”というサインを出した」

1 名前:いかんのか?φ ★ 投稿日:2013/03/18(月) 14:47:58.01 ID:???0

準決勝でプエルトリコに敗れ、大会3連覇を逃した日本の山本浩二監督は、「プエルトリコのピッチャー陣が非常に勢いがあって、なかなかチャンスを 作れなかったのが敗因です。選手たちは本当によくやってくれたと思います。
大きな国際大会の経験はこれからの野球人生にプラスになると思います」と話しました。

また、8回1アウト、一塁に内川聖一選手、二塁に井端弘和選手がいた場面で、内川選手が飛び出してタッチアウトになった場面について、「ダブルスチールをしてもいいというサインだったが、二塁ランナーの井端選手のスタートが遅れて、ああいう結果になった」と説明していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130318/k10013276141000.html

 

続きを読む

【WBC】オランダ戦の視聴率は34.4%瞬間最高は44.6%、死闘の台湾戦は30.3%瞬間最高は43.0%

1 名前:三毛猫φ ★ 投稿日:2013/03/11(月) 10:35:01.73 ID:???0

野球の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンドで、大会3連覇を狙う日本代表「侍ジャパン」とオランダの試合が10日東京ドームで行われ、中継番組(午後7時34分~10時4分、TBS系)の平均視聴率が34.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが分かった。

10日のオランダ戦は、1番鳥谷敬選手の先頭打者本塁打を皮切りに6本塁打、先発全員17安打で毎回得点の16-4で圧勝した。投げては先発・前田健太投手が5回1安打無失点の好投をみせ、大会規定により七回コールドで、決勝ラウンドへの進出を決めた。

日本は、12日に東京ドームで、キューバとオランダの勝者と対戦し、2次ラウンドの最終順位が決定する。
決勝ラウンドは、17日から米サンフランシスコのAT&Tパークで開かれ、4チームが準決勝以降のトーナメントを争う。(毎日新聞デジタル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130311-00200001-mantan-ent

 

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。